- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.
何か出た―――(゚∀゚)―――!!!
サボりた~ぃ
のんびりした~ぃ
なのに体が勝手に動く~
カストロの体はホクロだらけ~

(好きなメロディーを付けてお楽しみください)


今日はpenの発売日なので、ジャスティン捜索を兼ねて書店に行って来ました
発売されてたデイズド・ジャパンを捲ると、先月買った海外版デイズドと、全く同じ記事があり、全く同じ画像が掲載されていた
ジャックが出てるので買おうかどうしようか、激しく悩み中
ちなみに、掲載されてるものも、全く同じ

(↑先月買った海外版デイズドの画像)
同じもの、2つも要らんだろう。と思うのが、普通の人
あたしは普通の人じゃないので、同じものを3冊、平気で買う

スタジオ・ボイスが出てました
毎月出てるものと違い、今日買って来たのはファッション特集号
編集長の独壇場
表紙を見て、
Joshua Walter

「あれ?なんでジョシュアが出てるんだ?」
と、首を傾げた

ここまで好かれたか、ジョシュア
某氏に・・・
ある意味キモッ!(((((ノд`)


Kenzie Roth
やっぱりKenzieは、「オン・ザ・眉毛」でなくては
見分けづらいんですもの・・・


Patrick G. (Nine Daughters And A Stereo)
この人は最近良く見掛けるからか、結構覚えやすい顔をしてるからか、名前がなくても見分けられる自信が付いたが、日本の雑誌限定の自信だったりする


Jarrod Branch
一瞬「ロックたん?!」と、心臓がバクバクしました
あの緊張感を返せ、ジャロッド・・・



正面から見たら別人なのがはっきりわかるのに、ジャロッドは時々ロックたんと紛らわしい顔をすることがある
ジャロッドは何も悪くはないが、何気に腹が立つ


Nikita Ponamev
読み方は、普通に『ニキータ』で良いのだろうか
顔は可愛いのに、鼻の穴にビックリした
代理店に画像を見に行ったが、やっぱりどの画像も鼻の穴全開だった
あそこまで開いてると、寧ろ気分がいい


最初、全くジェイクの存在に気付かなかった
途中でページを引き返し、名前に気付いた
「えぇ?!どこどこ!!」


ここです

ディーゼルのキャンペーンを見て、ジェイクに一目惚れ
必死になって代理店やら画像やら探し回って、いい加減飽きて来た頃、ちょっとしたトラブル発生でジェイク離れしたわたし
ANOTHER MAGAZINEでカレーの王子と一緒に出てるのを見たが、全盛期の頃のオーラが全く感じられない
てゆうか、寧ろ
ディーゼルのキャンペーン
「悪い夢なら覚めてくれ・・・」

全盛期の頃の面影なし


そんなこんなで、ジェイク・ボイルを(「オッサンになったなぁ」と)懐かしく眺めていると


Ryan Curry

何か出た――――――!!!


レイさんが「今日は出さないの?」とダメ出しする前に、出しておく

ここのブログ、やっぱり見てるのかしら、スケさん・・・
だって、この雑誌の発行元、スケさんこと祐真さんが編集長を務めるファッション・ニュース・メンズの発行元だし



サービスでカレーのにーちゃん、もう一枚

つっても、2Pしか載ってないけどね・・

ANOTHER MAGAZINE
買わなくて良かったと、心の底から思った瞬間

レイさん
やっぱり縁があるね
祐真さんと


penと一緒にBRUTUSも買ったけど、もうスキャンする元気も、誰が出て来たか思い出す元気もございません
ただ、Patrick G.は確実に出てました
それもこれも、ジャスティン問題と、一緒に買って来たこの雑誌↓

がデカ過ぎて、スキャナー台からはみ出して、買ったのに内容がスキャンしにくい状況であることに、帰ってから気付いて脱力したからでございます


そうそう

Aaron Wrigley
来月10日、来日予定だそうです
10/10 The schedule which comes to Japan.


なんか楽しいこと、ありませんか?
あたしの今日の目覚まし運勢、「余計なものを買ってブルーに」とありました
買わなくてもブルーなんですが・・
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-15 17:47 | Magazine