- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧
今年一年お世話になりました
海外雑誌では、来年の新しいブランド広告が出始めました
アパレルの方のヒューゴ・ボスは、2年連続ラース・ブルメイスター
そのヒューゴ・ボスのフレグランスの広告のモデルのガブリエル・オーブリーをジャスティンに間違えたり、サラには大変申し訳ないことした^^;
だけどフォロー入れてくれる辺り、さすがイタリアン
大雑把に見えて、結構肌理細やかな配慮を心掛ける伊達男の国の人だな~と想いました

そのガブリエル・オーブリーがハル・ベリーのボーイフレンドであることを年の終わりに知ったわたし
ぶっちゃけ興味ないモデルの私生活なんかどうでもええので、「え~~?!ハル・ベリーって趣味悪りぃ・・」と想ったくらい
趣味の悪さは、あたしも人のことは言えないけど、それまでは『ステキなスーパー・モデル』と言う印象だったガブリエルが、どうにもアシュトン・カッチャーに見えていけません(「顔が」ではなく)

今年初めのヴェルサーチの広告で共演したのがきっかけで付き合いが始まったそうだけど、確かこの広告、アンドレくんも出てたとなんかの雑誌で見たのだけど、アンドレくんじゃあかんかったんかい、ハルや
まぁ出てたと書かれていても、何度広告見たってどこにアンドレくんが居るのやらさっぱりわからんが、逆に「どれがガブリエル・オーブリーなんか、そっちの方が余計わからん」わたしでございました

だって、ガブリエル・オーブリーとジャスティン・ポーティングとニコラス・マールエヴィルとJR(日本の鉄道グループではなく、スーパー・モデルのJR)の見分け、できないもん・・
おまけに、ガブリエル・オーブリーに似たモデルまで見付けちゃったし

ハル・ベリーは、私生活ではあまり幸せではなかったし、『X-MEN』のストームがかっこよかったので、ちょっと気になる女優さんだったのだけど、どうせならもっと(いろんな意味で)いい男とくっつけると想ってたんですが・・


「男前なだけのモデル」なら、この世にはごまんと居る

ガブリエル・オーブリーがパパラッチされたと教えてもらった画像があるけど、あれってガブリエルじゃなくて隣のハル・ベリーがパパラッチされてたのね・・
サングラスもせず、嬉しそうに写真に写ってるハル・ベリーを見て、「男前、捕ったど~!!」と全身からシャウトがにじみ出ているのを見て、何だか気の毒になって来た

まぁ、どうでもいいことを最後の日まで、どうもすみません

スーパー・モデルではデヴィッド・スミスが一番の男前だと想ってるわたし
ヴェルサーチのハル・ベリーがデヴィッド・スミスに見えるわたし
雑誌でデヴィッド・スミスを見たことないわたし

デヴィッド来日祈願

どうでもいい話で申し訳ないのだけど、そのガブリエル・オーブリーと同じ代理店に居るニック・リッピーは、モデルなんでしょうか


画像を探したけど、名前そのもの見付かりません
見付からない代わりにニコラス・リッピーなる人物を見付け、画像を見たら激しく見覚えがある
一応確認してみようと居そうな代理店のページを開いたら、

本人であることがわかった
しかもこの雑誌、高いので立ち読みだけで済ませた雑誌だった
いくつかの代理店で見付けたけど、なんて言うか

見つけなくても良かったかな・・と言う気がして来た

更に、ニコラス・リッピーを探していたら、なんでか

カーソン・パーカーを見付けた

海外から来たお客さんは、「今日の記事は何が書かれてるんだろう」と想うだろう
翻訳するのがめんどくさいから、もうこのままで行く

引き続き、ニコラス・リッピーの居そうな代理店を開いたら、(スーパー・モデルが多く居る代理店を主に開いたら、ほぼ全部に居た)


二クラスの画像が更新されていた
しかもこの画像(日本の雑誌)、見たことあるようなないような・・
二クラスが出た雑誌は買い集めた気がしてたのだけど、なんかこれ、わかんない・・(汗

今年最後が「買ったか買わなかったかわからない」かよッ><


今年はたくさんのモデルを知りました
それだけお気に入りモデルも増えました
数が半端じゃないので、来年はふるいに掛けて数を減らそうと想ってます
やっぱり『好きで居てこそお気に入り』だと想ったので
だけど、パソコンのお気に入りフォルダには、ここには公開してないモデルが何人か居るわけで・・

The "favorite model" currently put into the folder of my personal computer

昭和初期の頃の男前さんのようなモデル
Nicolas

他の画像も(色褪せてるが)何気に良かったので、パソコン内部の『お気に入り』にぶち込み~
Nicolas


Jens
スウェーデンの代理店で、非常識なくらい(どんな表現だ)綺麗なモデルを発見
でも、綺麗なモデルってどこかダメな部分がありそうな感じがしたけど、このモデルは

Jens
全方位オッケーの素晴らしさであることがわかり、パソコンフォルダ内のお気に入りにぶち込み

こう言う、素晴らしく綺麗なモデルが大きな画像を用意している代理店にいたりすると、両手合わせて拝みたい気分


カナダのモデル(らしい)
Darius
この画像が気に入って、パソコンフォルダのお気に入りにぶち込み
他の代理店には居ないかと検索したら、どうもカナダ人であることが判明
見付けたサイトでイリーナも発見
イリーナもカナダ人らしい
カナダ人は、性格的に素晴らしい人が多いので、このダリウスちゃんもイリーナも、きっといい人に違いないと勝手に想像

ガブリエル・オーブリーもカナダ人だが、どうでもええ


Douglas
ブラジルの代理店で見付け、当時親交のあったメイに、「気に入ったモデルが居るんだけど、そこの代理店、画像取り出せないんだよねぇ~・・」と相談したら、「あそこは、あたしもどうしようもできない」とか言われた(笑
まぁ、なんとかして画像、ダウンロードできたけど
だけど、代理店にあった画像の半分(数は元々少ない)がランニング姿

どないせぇっちゅーんですか

その後彼はミラノの代理店に移り、そこでも別バージョンのランニング姿の画像があり、ダグラスちゃんランニング姿3部作ができたというわけです


久し振りに更新をチェックしたら、「何ッ?!この綺麗さッ!男じゃねぇッ!」と、わたしを驚かせた、
Joachim

名前検索したら、デンマークの著名なグラム医師ばっかりヒットした
つーか、名前が同じ
もしや、お孫さん?とか(笑

彼が居るデンマークの代理店は小さい画像しかないとこだったのですが、ディビジョンの中にロックたんやヴァレンちゃんに似た面影の画像があったもんですから、なんとなくお持ち帰り
そして、パソコンフォルダのお気に入りにぶち込み
見付けた当初は新人だったのか、ポラなんかもありまして、

Joachim

「ブラジル人?」とか想いました

Joachim

この人は年齢を重ねるごとにどんどん妖艶な妖しさを兼ね備えた、美人型モデルになるんじゃないかと想ったのですが、わたしの勘は恐ろしいほど当らない
今後に期待


今年一年、お世話になりました
来年は何日から再開するかわかりませんが、よろしくお願いします
Rapture rests for a while for a new year vacation.
Let's meet again.


そうそう
Yahooグループで、ロックたんを作成しました→Yahoo Group

去年、来日記念でスコット・ウェイドマンのYahooグループを作るだけ作って、1年放置している人間です
わたしは・・

最後の最後までこんなわたしでごめんなさい
See you next year, bye-bye
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-31 10:36 | Model
2006年・雑誌総決算(しかし画像は一部のみ)
年末の街は、何だか物静か
人は大勢居るけど、普段の土日と変わらない
つか、今正に『土日』
正月を空気で感じるのは、やっぱり正月三が日だけのようで

CMでよく見掛ける韓国映画・『王の男』

CMの最後のカットが、無骨な裸の背中に男の手が回るとこだったけど、今日買った雑誌にこの映画が載っていて、意味がわかった
あの裸の背中は、男の人だったんだ
監督はゲイ映画じゃないと言っていたけど、大抵の監督は自分の作品を「ゲイ・ムービー」とは言わない(『アレキサンダー』のO・ストーンも同じこと言ってた)
映画を見てないけど、ゲイ描写があるんでしょうか?

まぁ、そこの辺りはよくわかんないけど、主役の内の一人、イ・ジュンギが綺麗だった(映画の画像が雑誌に載ってた)ので、公式サイトに行ってみた


おう、確かに綺麗だわ
なんとなく、北野武監督作品の、『座頭市』に出て来た橘大五郎さん(だっけかな?)を思い出した
韓国映画は、この間地上波でやっていた『私の頭の中の消しゴム』を見たけど、物語をあまりややこしく作らない、なんとなく「あらすじ作り」な感じだけど、韓国の映画ってのはたいてい、こう言う作り方だそうです
(アメリカや日本みたいに、練り込みすぎてわけがわからないくらいに複雑で、映画好きを唸らせるような、そういうものではないらしい)

日本でこの映画をリメークするんなら、コンギル役は成宮(下の名前、漢字忘れた・・)さんにしてもらいたいわ
だってあの人、可愛いんだもの(顔、腫れぼったいけど)

『御法度』を放送した日曜洋画劇場(テレビ朝日)で放送したら、とりあえず観てみようと想った


大晦日の迫るこの時期に、書店に出掛ける
「今年のシメは、誰だろう」
ちょっとワクワク

欲しい雑誌はたくさんあるけど、ここはやっぱり大人になって、『予算内』のものだけ見て行くことに
すると

ぎゃ~!!
Roger Garth
ロジャー発見!!

と言うか、カメラマン発見
名前を控えて、早速ウェブサイトを検索
そして、上の画像をゲットしたわけです
にゃはっ

そして、海外掲示板に「雑誌の名前を知ってたら教えて」と貼り付けたこの画像


結局、知ってる人は現れなかったけど、今になってそれがなんの雑誌だったのか判明
しかも、自力で
これはもう、揺るぎないロックたんへの愛の奇跡がそうさせたのね♡(←ちょっと怪しい

でもこれ、2005年の雑誌でした

がんばっても買えない・・_| ̄|○

2005年はロックたんで終わった
年末に気紛れで入った書店でL'UOMOを発見
その頃は海外の雑誌なんてほどんど知らなくて、精々ARENA HOMMEとかANOTHER MAGAZINEを買ったくらい
ペラペラっと捲ったら、ロックたん発見
「ぎゃぁ~~!!」と、心の中で絶叫し、だけど値段が高くて(大抵の雑誌は値下げされたけど、これだけは未だ高いまま)一旦は帰り掛けた
でもやっぱり欲しい・・!
急いで取って返して、買いました

その時、「あぁ、あたしってロックたんのこと、好きなんだなぁ~・・」と、しみじみ

それからこの1年、ほぼロックたん漬けの生活を送っておりました

ロックたんで2005年が閉じ、ロックたんで2006年は明けた


ロックたん尽くし



海外雑誌でロックたんを見付けたと教えてもらい、探し回った
けど見付からなくて
でも欲しくて、結構がんばった
いろんな人が協力してくれて、売ってるショップとか教えてもらったり、先方の出版社からのメールの内容が良くわからなくて、見ず知らずの人が翻訳してくれたりもした
サイト発見から2ヶ月掛かって、やっと雑誌を手に入れることができた
ボロ雑巾のような状態で到着したけど、けどやっぱり嬉しかった
あたし一人だったら、絶対手に入らなかったと想う

みんな
ほんとに、ありがとうございました

しばらくロックたんを見掛けなくて、ジュリアーノ・フジワラとか、スペインのブランドの広告とかでしかロックたんを見なくて、どれだけ雑誌を捲っても中々見付けられなくて、心がよじれそうになった時、やっと、ロックたんを見付けた
自力で見付けたものもあれば、半分は人から教わったものが多くて、「やっぱり海外掲示板でチェックしなきゃなんないのかなぁ・・」とも想ったけど、でもやっぱり、自力で見付けたくて・・・
それに、見たくない情報とか書かれてたら、絶対落ち込んで立ち直れないと想ったから
だから、誰かが「ロックが雑誌に出たよ」って書き込んでもらうのを待ってるわけだけど、そんな都合のいい話が通じるわけでもなく
『待ってるだけ』じゃダメなのはわかってるけど、深入りすると悲劇が待ってるような気がして、踏み込めません

飽きたのか、それとも防衛本能が働いているのかわかりませんが、最近「ロックたんのことは、あんまり考えないようにしよう」と想い始めてます
でもやっぱり



この人のこと、好きなんだと想います


1年が経ち、バックナンバーでロックたんを見付けました

わたしが好きになった頃のロックたんでした

つか、なんかロックたんの回想になってるヨ~ッ


それまでは長い髪のマークしか知らなかった
ロン毛のマークは、なんてゆうか、『オバQ』みたい(どんな喩えだ)で、あんまり好きじゃなかった
そのマークが髪をバッサリやって、途端に男前に見えた
Mark Bland

しかも、マークが半年後に来日することになって、はしゃいだはしゃいだ
でも


日本の雑誌に出たマークは、こんなことになっていた
微・・・・・・・・・・・・・・


今年はたくさんのモデルが来日しました
そのほとんどが有名モデルで、「日本て、そんなすごい国だった?東コレだって、ほとんど注目されてないのに・・」と、日本人のくせにあたしが一番驚いた

人気絶頂のショーンが来たことも信じられないけど、
Shaun Haugh

「まぁ、来るわきゃねーだろ。」と想っていた王子が来たのには、驚かされた
Jeremy Dufour

しかも、日本に来る前から、あっちこっちの海外雑誌で見掛けてたジャロッドまで来た
Jarrod Branch

なんなんだ、日本て

2005年のバックナンバーで、来日じゃないけど日本の雑誌で一回見た限りのキアンが来た
Kian Mitchum
やっぱり白塗り妖怪・キアン
綺麗です、この人

日本には来ないと想ってたモデルが挙って集まって、夏の日本は激戦区
そんな中で一番雑誌に出てたのが、Vincent Lacrocqてのが、個人的クリーンヒット
(秋にはVincent Hooglandが出まくって、あっさり抜かれたけど)

Daniel Bitsch-Düring
来日前は「Vincent Hooglandと見分けられない人」としか意識してませんでしたが、いざ雑誌でダニエルちゃんを見るともう、可愛くて可愛くて
ダニエルちゃんにやられましたー・・

「雑誌でトム、見たいなぁ~・・」と、1年くらい時々願ってたトム・ギネス・タイラーも来ました
信じられませんでした
Tom Guiness-Taylor

しかも、顔のコンディションが良好ッ
日本の雑誌は紙が良質なので、嬉しかったです

来日祈願してないけど、来て嬉しかったモデルの一人が、ジェローム
Jerome Eveson

海外の代理店からもらって来た画像には微妙なものも混じってましたが、日本の雑誌で見たジェロームは(年齢の割りに)可愛かった
可愛かったけど、ほとんどが上のようなモノクロで影濃いしなので、微妙っちゃぁ、微妙です

でも、2006年の来日モデルで、わたしを一番滾らせたのは、やっぱり

Valentine Savchenko

ヴァレンちゃん以外居ません

次に来日する時は、絶対たくさんの雑誌に出て来る
そう信じてます

2006年来日したモデルの、全員の画像を貼ってると、とてもじゃないけど収拾がつかないので、この辺で

来日予定では、スペインの雑誌で見付けて、代理店で覚えたモサさがどっかに消えてたのが感動して、高いのに買っちゃったくりすどえが、早くも日本に来るのが信じられない
Chris Doe

いや~ん
財布が緩みそう~
(誰か助けて・・)

2007年も、たくさんの有名モデルが来そうな予感がしますが、
Eugen Bauder
なんか、この人もそろそろ来そうな気がします

Jack Shaw
夏休み辺り、来るかなぁー・・

Jay Maude
ジェイ来日祈願も、しとこ


海外雑誌も、かなり充実してました
買った雑誌にたまたま載ってたスタン・ジョーク
Stan Jouk

2冊手に入って2冊とも、スキャンする時に気付いたわたし
時々オリバー・アルトマンと区別がつかない
そのオリバー・アルトマンも来日したけど、欲しい雑誌には載ってなかった・・
海外雑誌で見る方が、男前でしたオリバー・アルトマンさん

欲しいなぁ~・・と想ってた、モデルの画像を発売中の雑誌で見付けた時は
Andris Pirtnieks
「なんでロックたんとか、自分が好きなモデルにこう言うサプライズが起きないんだろう」と、自分の不運を恨む

今年一発目に入荷されたL'UOMO
表紙がショーン(と、後にキアンも居たことに気付く)だったから、つい買ってしまった中に、ポールが居た
Paul Boche

あまりの美しさに一目惚れして、人に名前を探させるわ、板を立てさせるわで、周りを巻き込んで大騒ぎしていた
だけど彼は出世したのか、それまで世話になっていた代理店を足蹴にして、大手代理店をマザー・エージェンシーにした

『美徳』を重んずる日本人のわたしとしては、人格を疑ってしまった
確かに、売れたら大きな代理店をマザーにするモデルは大勢いるけど、それでも、どれだけ有名になっても、地味な代理店でも、モデルが少ないとこでも、マザーを変えない人も大勢居るのに・・と、ちょっと淋しくなった
自分の美徳を人に押し付けてはいかんのですが、好きなモデルだっただけに小さじ一杯のショックを受けました


2006年の来日モデルではヴァレンちゃんで燃え、雑誌では何故か
Andreas Carrere
キャットウォークのアンドリーを雑誌で発見して即購入の連発でした

あぁ、そうそう
スキャンしなおしてたL'UOMOで
Conrad Mathschke

コンラッド発見

・・・・・・・・・・・・・・持ってたんか(汗

購入から約1年後、気付いた

今年最後の購入海外雑誌
アメリカのゲイ雑誌ですが、いつもはそこそこ年取ったアダルトなモデルが出てたんですが、今月は少年ッぽい年層のモデルが出てたので、買いました
但し、5人くらい居ますが、誰が誰やらわかりません

わからないのに買った動機は、「今は知らんモデルでも、雑誌で見付けた半年後ぐらいにはビッグになってる」と言うものです
その代表が、ジョシュア・ウォルター(笑

王子が出ている海外雑誌を見付けたのだけど、高いので買うのをやめた
もしかしたら今年のシメはジェレミー王子だったかも知れないが、念のためと開いたゲイカルチャー雑誌(日本のもの)で



フィゲラス・ツインズキタ―――(゚∀゚)―――!!!

今年のシメはジェレミー王子ではなく、フィゲラスツインズになったのは、わたしとしては満足


かっこよすぎ
ただし、サンティアゴ・・・(わたしはニコラスファン
子供みたいな顔だから、体も華奢なんだと想っていたのに、意外と逞しい
ちょっとドキドキなこの二人
不二家とのコラボで、東コレでも話題になったタンクトップ
これが販売価格1万8千円

絶対買わない

二人の見分けは顔付きだけだったけど、この雑誌で二人の決定的な違いを発見した
それは

ニコラスは無駄毛なしのつるつるボディだけど、サンティアゴは意外と陰毛が高い場所に生えてることだった

あんまり意味のない『見分け』だな・・

そして、二人の見分けができたと想っていたのに

ニコラスが一瞬、サンティアゴに見えて、5分ぐらい悩んだ


明日もがんばりま~す
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-30 22:56 | Magazine
2006年・ファッション総集編(みたいなもの)
CDショップに行き、ビックリする人を発見

Thomas Barsoe
「えっ?!この人、モデルじゃなくてミュージシャンだったの?!」
思わず店の中で叫び、友達に殴られる

去年デビューした、デンマークのシンガーソング・ライターだそうです

え~~?
でもあたし、この人モデルの代理店で見掛けるんだけど~
3ヶ所ぐらい


正にこれがディビジョンのトップ画面

Official websiteにもある、この画像も


代理店にフツーにあります

フツーにあった

俳優さんでもモデルの代理店に登録している人は居るので、普通のことかも知れないけど、あたしは驚いた
だって、いつも「うざ~」とか想ってた人を、CDショップで見付けたんだから
(アメリカのモデル代理店では、男の人はこの人しかいなかったので、強烈に覚えていた)





もう、フツーにモデルじゃん

音楽の方は、試聴しましたが、どうもわたしとは合わないようで^^;


今年は色んな人達に支えられ、過ごしました
ありがとうございます
モデルを介して、たくさんの人とも知り合えたし、とてもいい年だったと思います
出会いの分だけ別れがありますが、そう言う寂しいことはあまり考えない主義なので、えぶりぼでぃ・うぇるかむの精神で2007年も過ごしたいです

ただし、痛い発言は差し控えてください^^;
人間的にできていないので、すぐ逆上します・・・


今年はモデルに始まった年なので、モデルで終了させたいと思います
迷いさんからいただいた大切な、『メンズ・コレクション』のキャプチャーの総決算
東京コレクションのDVDもいただいたのですが、そのキャプチャは来年新春、一発目の記事として取り上げたいと思います


今年の始まりは、カレーの王子(名前がライアン・カリーなので、カレーの王子)からでした


コレクションサイトで見付け、Raptureでは大いに盛り上がりました
盛り上がりましたが、彼自身は盛り下がったようで・・(汗
日本の代理店から消えました
来日は難しそうですが、一応日本の雑誌には出たんですよ?

雑誌を買った当日にアップしましたが、興味のある人はいなかったのか、ログだけが虚しく流れましたが・・



ロックたんをがむしゃらにキャプチャしました
人差し指がしびれて、結構つらかったです



雑誌より、バックステージのマティアスが綺麗でした
マティアスファンから問い合わせが来たりもしました
どうにもできないので、「ごめんなさい」とだけ書いて返事した記憶が・・



やたらショーンだけが長く写ってて、キャプチャのヘタなわたしでも、充分綺麗な画像を撮ることができました
帰国したショーンをスーパー・モデル御用達のサイトで見付け、「え?スーパー・モデルなったんかい?」と確認しようとしましたが、スーパー・モデルになったのかなってないのか、いまいち良くわかりません
来年始めのコレクションにも出場するようです



アンドリーのアップが撮りたくて、DVDを何度も巻き戻してキャプチャしましたが、これが限界でした
くぅぅ・・・!
Ann Dより、ギャルソンのアンドリーの方が100倍かっこいいです
そう言うものを放送して欲しかったけど、贅沢を言っては罰が当ります

あんどりぃぃぃぃっ!

無理な望みかも知れませんが、やっぱり来日して欲しいです・・
2週間でも良いから・・



可愛い笑顔のロックたん
掛け値なしで可愛いと思いました
でも、この可愛い笑顔であの野太い声
ギャップが堪りません



この放送では、やたらジャロッド・ジョーンズばっかり写ってました



迷いさんからDVDをいただいて一番驚いたのが、コンラッドが意外と可愛かったこと
四角いコンラッドしか知らなかったわたしは、目からうろこがはがれました
そのため、GQ Italyを買ってしまったという次第でございます



マシンガン・トーク
筆頭はダニー・ビーチャム
ジェレミー王子も意外としゃべり好きなのがわかり、みんなツンと澄ました顔してても、プライベートでは普通の男の子たちなんだなぁ~と思いましたが、ショーンは顔をこんにゃくのようにくにゃくにゃくねらせながらおしゃべりに夢中だったけど、隣のモデルが終始静か~に話を聴いている(風にも見えながったのが悲しい)のが印象的でした

負けるな、ショーン(なんのこっちゃ



今年は色んなコレクションに出るようになったヴァレンちゃん
来年からは、もっと多くのコレクション(冬は無理だと思うけど)でヴァレンちゃんを見ることができるようになるのか・・と考えただけで、体中の色んなとこが滾ります
てゆうか、ヴァレンちゃんがコレクションに出た画像って、全部これ(←↑ミハラ・ヤスヒロ・ソス)ばっかりなんですけどっ


今年一番のヒットと言えば



モグモグロックたん

その親指は、なんのつもり?

代理店の人や、他の人から聞いた話では、「ロックは大人しい」と言う話しだけど、バックステージではしゃべる・わめく・はしゃぐ
おまけに「チェケラッ」とか言ってました

なんなんだ、この人は

私服のセンスは、あまりよろしくございません(汗


明日は雑誌・総集編(画像が半端ではありません)をして、今年のシメにしたいと想ってま~す
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-29 21:42 | fashion
2006年総まとめ
Sport
スポーツでは、トリノオリンピック、サッカーW杯と、スポーツの年でもありました
トリノと言えば、念願のショーン・ホワイトが見れたこと

2年前の雑誌のスキャンだけど、今とほとんど変わらない
強いて言うなら、髪のブリーチがきつくなったくらい
今発売されてるスノボ雑誌のほとんどの表紙がショーンではなかろうか
2年前のスノボの雑誌でも、広告にショーンが出てる
当時と今と違うのは、2年前は他のライダーと一緒にごちゃまぜで写ってたけど、今はピンで写ってるってことくらいかな
かっこいいとは思うけど、一瞬『KABAちゃん.』に見える時があるので、ちょっとキモい

サッカーではやっぱり、リオネル・メッシ(通称レオ)
W杯でも登場時間が極端に少なかったメッシ
「お前はウルトラマンか」
あっという間に交代するレオを見て、そう呟いた
骨折のリハビリ、がんばれ

この間やっていたトヨタプレゼンツ・FIFAワールドクラブで初めて見た(と言うか、デビューが11月)ブラジルのインテルナシオナルのフォワード、アレッシャンドレ・パト(17歳)

白のユニフォームに、黄色のシューズが印象的でした(なんじゃそりゃ
チームの、「うちには(W杯)代表は一人も居ないけど、絶対負けない」と言うコメントも、心に残りました
気持ち的、メッシが骨折さえしてなかったら、この二人の天才のプレーが見れたのになぁ~と、残念です
2010年の南ア大会が楽しみですね


Hollywood
ハリウッド・セレブで記憶に残るのが、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの夫婦
わたしにとっては「ブラッド・ピットに子供ができた」と言うことより、アンジョーが「ブラッド・ピットの子供を生んだ」ことの方が重要で、なんとなく「やりやがったな、ブラピめ。チクショー」でした
大好きです、アンジョー
家族問題はあるようですが、これ以上のベストカップルは居ないので、末永く仲良くやって行って欲しいと思います

好きな女優さんには、かなり偏りがあります
アンジェリーナ・ジョリーは言うに及ばず、評判は悪いけど個人的には「可愛いおばちゃん」といったイメージのあるキャメロン・ディアズ
意外と努力家のミラ・ジョボヴィッチ
ベテランではダイアン・レイン(子供の頃大昔のビデオを見ていた時に、化粧品のCMに出ているダイアン・レインを見た。この世の人とは思えないほど、綺麗だった)、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ファイファー(←年取っても可愛いッ)、ジョディ・フォスター(←ミステリアスな人)
そこに、新たに加わったのがヒラリー・スワンク
ミリオンダラー・ベイビー』で惚れました
今時、色気を売りにしない女優さんが居るんですね
見ていて清々しい気分になります


Fashion
やや温かくなりかけた春、中心街で、この

ポールの巨大支柱ポスターを見てしまい、急いでショップに行って同じジーンズを買った
この頃はまだ幼さの残るポールだったけど、今じゃかなりケバくなってしまってる
なにがどうなったのやら・・

日本のブランド・デザイナーさんが、女性タレントさんとご結婚なされました
マスコミが「世界的に有名な」と言ってました
名前は存じ上げてますが、そんなビックリするほど有名なデザイナーだったのかなぁ~・・と、首を傾げています
NUMBER (N)INEの宮下さんぐらいじゃないと有名とは言えないんじゃないかと思ったのですが、庶民がナマ言ってすみません
「日本の女性タレント。世界のクリス・ヴァン・アッシュと結婚!」だったら、驚きます
(クリス・ヴァン・アッシュが独身か既婚者かまでは知りません)


Model
今日のメインテーマ
今年はサプライズな年でした
ジョナサン・ニーを探していたらMySpaceにぶち当たり、バンド・マリノの写真見たさに登録したら、ジョナサンではないけれどとある有名モデルさん(ブランド・フェイスにもなったことのある人)から、お礼のメールが来ました
「画像をたくさん貼ってくれて、ありがとう」と言われ、有頂天になりました
いえいえ、お安い御用でございます

今年はロックたんで明け、気が付けばアンドリーで終わりそうな予感がします
ず~っとロックたん命で突っ走って参りましたが、追い駆け過ぎてちょっと息切れ
意味もなく落ち込んだりした時もあったけど、そんな時は何故だかぐれごりぃさんアンドリーを並べて癒されました

今年最初のサプライズは、雑誌にやっと、アレックスさんが出て来たこと
This year is surprise.
Alex was able to be seen with the magazine.
Alex de Brabant
I wanted many magazines to come out.

その次が、今年はたくさんの雑誌でロックたんを見付けることができたのと、それに協力してくれた人が大勢居たこと
This year is surprise.
The Roc appeared in many magazines this year.
And in order that I might get a magazine, many people cooperated.
Thank you.
Roc Montandon

それと、ロックたんの声がYouTubeとかGoogle Videoで聴けたこと

The voice of Roc got to know the very low thing.
Surprise.
可愛い顔して野太い声
かなりギャップが・・

忘れられないのが、アンドリー
お客様が、「今月発売のメンズ・ノンノに彼が出てますよ」と教えてくださいました
嬉しかったです
パソコン止めて、速攻で買いに行きました
梅田まで・・
Andreas Carrere
This year is surprise.
Andreas appeared in the Japanese magazine.
来日したわけじゃないのに、アンドリーは5回ぐらい日本の雑誌に載りました
ホント、来日して欲しいです・・・

Surprise of the maximum this year.
今年最大のサプライズ
それは、ヴァレンちゃんが来日したこと
それ以上に
Valentin Savchenko
ヴァレンちゃんの直筆サインがもらえたこと
It is that Valentin came to Japan.
Furthermore, the sign was got.
It was proved that he is not the human being whom he pretended.
Извините, пожалуйста, Валентин.
Изображение было наклеено.

流出・悪用防止のため、一部文字をぼかしてます

もしかしたら、他の誰かが適当にサインしたのか?それとも、コピーか?と疑ったけど、紙そのものはコピーでも、サインは本物でした
裏にインクがしみてた(笑
サインも、英語表記では『Valentin』だけど、ロシア語から英語に翻訳する時のスペルが『Valentine』です
サインのとこに、『e』があります
・・・・・・・・・・・・本人です

どひゃ~~~ッ!!

三日三晩は眠れませんでした
これがヴァレンちゃんの字かぁ・・・
てゆうか、この紙、ヴァレンちゃんも触ったのねッ?!
(今頃ソワソワして来た)
早くヴァレンちゃんが雑誌に出て来ないかと毎日毎日ワクワクしてましたが、あんまり出てきませんでした・・
それでも、ヴァレンちゃんが日本に来て、少数でも日本の雑誌に出て、そして帰って行ったのは事実で
I was not able to sleep for a while.
It waited being restless with whether Valentin appears in a magazine early.
After all, I was very glad although it was some magazines that he appeared in the magazine.

ヴァレンちゃん
一生、着いてきます

ところで、『Haruhi』と『Valentine』の間、なんて書いてんの・・?(読めない・・・

ヴァレンちゃんも、ビデオがYou Tubeにあることを教えてもらい、早速見に行きました
声がかっこよすぎ~!(´~`*)
普通に英語しゃべってました

なんだ
ヴァレンちゃん、英会話できるのか・・・
(プラダのバックステージで、ひとり淋しく携帯弄ってる姿を見た所為で、いらぬ心配してました)
この画像を貼って、ヴァレンちゃんが気を悪くしないかとか、いろんなとこに迷惑掛けたりしないかと心配ですが、まぁ、見てる人は少ないだろうと想定して貼りました
『コメントの数=中の人』と言う考えなので^^;

I want to apologize from the bottom of my heart, when Valentin is troubled by having stuck this picture.


今年、最も多くの雑誌に出たモデル
いわば、「マガジン・キング」
The model which appeared in this year most many magazines
Vincent Hoogland

見飽きるくらい出て来たお陰で、ありがたみがかなり薄れた
今でも「ヴァレンちゃんを使わず、他のモデルばっかり(ヴィンセント以外では、ケヴィンとか)使ってた日本の雑誌出版社はアホだ」と思ってます


秋のMEN'S NON+NO Gに超有名モデルがこぞって出て来た

From the left. Jeremy Dufour, Michael Camiloto, Jarrod Branch, Danny Beauchamp
ジェレミー王子のエピソードで、代理店にスカウトされて返事するのに1ヶ月掛かって、エピソードを載せてたサイトでは「ジェレミーはナイーブです」と書かれてたけど、バックステージでダニー・ビーチャムにも負けないほどのマシンガン・トークを繰り出していたジェレミー王子を見て、「返事するの忘れてただけちゃうんかい」とか思ったのは内緒
統計取ったわけじゃないですが、Gは春号より秋号の方がゴージャスであることが判明した
来年の秋は、どんなモデルが出て来るのか楽しみです


Markus Surrey
来日して知ったモデルの、マークス・サリー
大人の風貌で20歳というのも信じられないが、マークスが雑誌で着てたと言うだけでルイスシャブロン(結構低価格の、ユニクロ的感覚のブランド?PIKOみたいな感じ)を買い揃えた自分が一番サプライズ
気持ち的、ペアルック~
そんでもって、ちゃっかりお気に入りに入れた
マークスを始め、お気に入りモデルにドイツ人が多いことも判明
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-28 12:04 | Chat
2006年の反省・2007年の抱負
今年はとにかく雑誌を買いすぎた
同じ雑誌を何冊も買ったりしたので、来年はそれをなくそうと心掛けるつもりです

とは言え、年明けロックたんが来日する(予定な)ので、絶対複数冊買いするなぁ~・・
早くも抱負が崩壊しそうです


いつ頃からだろうか
男物の服を着て、男物のジーンズを穿いて、靴はさすがに男物は大きすぎるから無理だけど、どっちかっていうと男物に近い、色気のない靴(今の時期はブーツ)履いて、街に出ていた
みんな可愛いミニ履いて、カッツンカッツンヒールの音たてながら歩く隣で、あたしはめんどくさそうな歩調で歩いてた
髪もいつの間にか短くなって、初めはバレッタで留められるくらいだったのが、どんどん短くなって行った
人に髪を触られると、ひどく鳥肌が立つものだから、ずっと自分で髪を切っていた
今じゃ腕も上がって、後ろの髪も綺麗に揃えられるくらい、ヘンなとこで器用になって、後ろの髪もどんどん短くなって行った
綺麗なお姉さんだったら、これくらいの短さでも『ボーイッシュ』で済むかも知れないけど、どっちかっていうと『女の子っぽい男の子』みたいな様相のあたしがすると、『女の子っぽい男の子』になってしまった

そのままやんけっ

女友達からのウケは良いです
ハイ・・・

わたしは子供の頃から女にしては手が大きい
最近、女友達がやたら手を繋ぎたがるようになった
悲しい

そんなわたしの来年の抱負は、少しでも女らしくしよう

周りからは、「100%絶対無理」と言われた
「先ずはその言葉使いから直しましょう」

無理っす(←リアルでこんな口調)


うっかりしていて、雑誌の発売日を忘れてました
慌てて買いに行きました

Tom Guiness-Taylor
顔のコンディションが良いトム発見
マジ嬉しい
鼻の穴がデカいことも発見
空気の通りが良さそう
時々、「この人、鼻の掃除って綿棒でやってんのかな?」と首を傾げたくなるくらい、鼻の穴が小さいモデルを見るから、トムのこの大きさはある意味安心できる
例えば、くりすどえ(クリス・デュー)
あの小ささは、絶対指、入らないと思った


Daniel Bitsch-Düring
2ヶ月続けてダニエルちゃんとアーロンが出て来た
溜め撮りかい
可愛いダニエルちゃんに萌え~
来年、また来て欲しいと心から思った
ダニエルちゃん萌え~

ただ、白ボケ加工はしないで欲しかった・・・

Sasha Gacsal
ライトの当りが何気に綺麗なサシャ
一時は癒し系モデルだったのだけど、今、わたしの心を癒してくれるのはアンドリーとヴァレンちゃん
サシャ
短い間でしたが、癒しお疲れ様でした


今年最後のL'UOMOが出ていた
そこに、昔の面影などどこにも感じられないほど変わり果てたアクセル・ローズが居た
マジびびった
これと言ってモデルも出てないし、値段も相変わらず高いので買いませんでした
そのL'UOMOにあったラルフ・ローレンの広告に、マークス・サリーが出てた
早くも衝動買いしそうになった自分を、慌てて引き止めた


今年はとにかく雑誌にお金を使いすぎた
来年は、欲しい雑誌だけ買おうと心に決めた
欲しくもないのに、スコット・バーンヒルの出た雑誌とかまで、無節操に買ってたもんなぁ・・
雑誌破産なんか、したくない
海外雑誌も、高いものは「買わなきゃ心が残ってしまう」と思えるものだけ買おう


Conrad Mathschke
コンラッドがなんか懐かしくて、つい買ってしまったGQ Italy・・・
ちくしょー
コンラッドに負けてしまったぁ
あたしは一体何者なんだー><

来年こそは、無駄使いをやめよう(まだ言うか

他にGQに出てたモデルと言えば

中村七之助とか?(違う違う

Vincent Lacrocq
とか

Gasper Dietrich
とか

大衆紙なのだけど、時々有名モデルが団体様で出て来るんだよね
この雑誌
日本でこれだけ有名モデル、並べられるかしら
無理だよなぁ~


Hugo Bossの広告ですが、これってもしかしてJustin Poortinga?

自分の好きなモデルじゃないので、完璧に見分けられない・・

バックカバーがヴェルサーチのフレグランスの広告だった

Mike Guenther
爽やか過ぎるこの笑顔がウザいと思った


国内雑誌の更新は、これが今年最後です
また来年、お楽しみに
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-27 09:40 | Magazine
The list of models which will visit Japan next year
昨日、面白いCMを見ました
X-BOXのソフトのCMだけど、ゲーム画面中にテロップが流れる
その内容が
「絶対に真似しないで下さい」
マジで、絶対に真似しないで下さい」
頼むから、絶対に真似しないで下さい」
見てたらなんだか、(私の好きなマンガ)『銀魂』コミックのおまけコーナーの、作者さんのコメントに思えて来た
その前に、何を真似しちゃいけないのか、そこんとこ熱く語って欲しい

来年、来日するモデルが新たに追加されたので、blog Ivyでリストにしました
Since the model which visits Japan was newly added next year, it was made the list by blog Ivy.


毎年来てるコンラッド
今回はたくさんの雑誌に出て来て欲しいと願っています
Konrad who comes every year.
It's being wished I want many magazines to come out this time.
Since he is lovely.
Konrad Junikiewicz
↑MMORPGやってます
有料ゲームはやったことがないから、ウルティマかディアブロかわかんないけど、MySpaceのSS見る限りではKO(ナイト・オンライン)みたいな、グラフィック雑系
リネージュみたいな、綺麗なグラフィックじゃなかった^^;
しかし・・・

24の大人の男捕まえて、『可愛い』とか言っちゃって良いんでしょうか、あたし・・

24には思えないくらい可愛いから、いっかぁ
日本の友達からは「コンちゃん」と呼ばれているらしいです

ふ~ん


10月に、海外の代理店でカッコイイ(その時はそう見えた)モデルを見付けたので、ありったけの画像を根こそぎもらって帰って来た人が、日本の代理店の来日に載ってた・・
David Witko
Since his picture was found in the agency in October and had just been downloaded in large quantities, it was surprised when it got to know that there is a schedule of a visit to Japan.

たまに偶然画像を持ってるモデルが来たりすると、かなり嬉しい
画像を探しに代理店巡りしなくて済むから(をい


『Nick』と言う名前のモデルは、世界中に大勢居る
しかも代理店にはファーストネームしかないので、探すのも一苦労
最近は代理店のブックマークも増えているので、有名なモデルだったら直ぐに見付けられるけど、知らないモデルだったりすると100件近い代理店のページを開いて行かないといけない
かなりつらい
ところが、実際見付けてすっげぇ驚いたのが、この人↓
Nick Howarth

ドイツの代理店で見付けたが、代理店にあった画像を見て驚いた

How to obtain Nick's picture and the agency were looked for.
And he was found in the agency in Germany.
I was surprised to see the picture in the division of an agency.

It is because I had by chance the magazine with which he appeared.

2005's magazine

中身はこの人ばっかりで、買った当初は「これ、何に使えるんだよ・・」と、買ったことを後悔していたSENSEが、まさか1年経ってこんな形で役に立つとは・・

と言うわけで、代理店にもない画像を貼りたい放題できるわけですが

The picture which an agency does not have, either can be stuck all over.

一冊丸々、この人ばっかり出てるわけで(冗談じゃなく、ほんとにこの人ばっかり)、2005年、日本に長期滞在してモッズ・ヘアのCMにも出て来たドミニク・ボイチックが

たま~に”ぽえん”と出て来たりしてました

そう言えばそのボイチック
今年春のGに出て来て、このブログでわたしったら「しょぼくれた~」などと書いてしまって以降、ボイチックを見なくなりました・・
(海外雑誌で一度見たことあるような、ないような、記憶が曖昧・・)

Although Nick had decorated many pages with this magazine, Dominik sometimes appeared.

そうそう
ホンダのCMに出てたモデルさん(過去、このブログで取り上げたことがある)
その人も来ます

きゃっぽぅ
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-26 10:58 | Visit to Japan
ケイト・モスを探していたら、思わぬ収穫 - Andreas Carrere
『ながらタバコ』は危険です
タバコをくわえながら(よくくわえタバコをやってしまいます・・)洗濯の用意をしていたら、洗濯槽の中に灰が落ち、「やべっ」と思って覗き込んだら、よだれまで落ちそうになりました
デンジャラス

Andreas was found when Kate Moss was looked for.
I'm overjoyed.
ケイト・モスが婚約した?と言うニュースをYahooで知り、ケイト・モスを探していたら


マイ王子様・アンドリーを見付けた
オリジナルサイズは、かなりでかい
その時わたしは心で絶叫
『いやっほぃ!(!×10)』
口からは「あんどりぃぃぃ!!」

どっちにしても、シャウト

Andreas is my prince.

なんだか顔のバランスが悪いけど、わたしにはかっこよく見える
ギャルソンのファッション・ショーの画像は持ってるけど、見付けたサイトは大きな画像で見ることができる
自力で見付けた画像の中では最大級のアンドリーに萌え~
ただ、専門サイトではないため、全てのブランドの画像、全ての作品の閲覧は不可能だった
だけどどういうこと
クリスマスの奇跡?
この年のギャルソンのコレクションでは、何故かアンドリーのみフルバージョンで公開されていた
1モデル3バージョンで、アンドリーだけ3つとも公開されている
モデルも、コレクションに出た全てのモデルが公開されているわけではない


サンタさん、ありがとう
愛してる

アンドリーを(←ここ重要

嬉しさのあまり、アンドリーの後姿まで保存したりして
Since Andreas is liked, I also save the picture of the sight of my back carefully.


「ジェイミー・デル・ムーンは大事じゃないのか?」
全然


アンドリーの後姿・セカンド


きゃぁぁ~

アンドリィィィッ!o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o



さすが、わたしのお気に入りモデルの中でもダントツの男前
後姿も男前
後姿でも、じ~っと眺めてて飽きない素晴らしさ
一日中は無理だけど



どうしてアンドリーだけが全ての画像が公開されているのか
それは、男前だからサ(はいはい

他にはないかと探していたら


ヴァレンちゃん(ミハラ・ヤスヒロ・ソス)を発見
舞台(キャット・ウォーク)が真っ暗なので、いろんなことに使えそう
ボキャブラリーを問われるけど・・・

今年のギャルソンにアンドリーが出なかった代わりに、ロックたんが現れた


他にはポールも公開されてた
こっちも顔がキモいことになってた

やっぱりアンドリーほどの男前は希少なのだわ

ギャルソンのフィナーレだと思うけど

ロックたんを見ていると、『補導された少年の行進』に見える・・・・・・

真後ろの二人はともかく、その後ろのクリストファーとかデヴィッドとかはベテランになるのに、ロックたんが先頭
すごいわ、ロックたん
さすが嫁

そう、誉めちぎりたい気分なのだけど


ごめん、やっぱりアンドリーラヴ
ウエストが括れていることが、はっきりわかる
しかも、腰の丸いラインが堪らん
男の体じゃねぇッ・・!
もしも自分が男だとしても、アンドリーには絶対惚れてると自信持って言い切れる
His body line is wonderful.
It is very rare that it is not the rough body, and even if his wonderful line appears in the world more, it thinks that it is natural.

Since I love Andreas, I'm wishing his happiness.

なのに何故でしょう


But, I who cannot find him with a magazine am unhappy.

わたしは雑誌に出たアンドリーを見付けることができません
代理店で更新されていたアンドリーの最新画像


Raptureを見た海外の人から、「私の好きなモデルの画像があります」と、メールが送られて来ました
メールの内容は短いけど、「すごく好きなんです」という気持ちがこもっていたので、そんなに好きなのか?と返事を返したら、「もう、すっごく好き」と返って来ました
その人から、「あなたは誰が好きですか?」と訊かれたので、思わず「アンドレアス・キャルールです」と答えてしまった

・・・あれ?
ロックたんや、ないんかい・・・?(汗

[PR]
by haruhi-style | 2006-12-25 23:14 | My Favorite Model
Men' Fashion Magazine from UK.
今日は節約できました
日本の雑誌が、あまりよくなかったので
買ったのはHUgEとGQ Japanだけです
UOMOにようやく待ち望んでいたショーン・デウェットが出て来たのですが、あんまりかっこよく写ってなかったし、アンドレくんもお酒のコーナーのワンショットだけだったので、買いませんでした
UOMOを定期購読している人なら気付いていると思うけど、年末から春に掛けて内容があまりよろしくない
「そう言うことはpenとかBRUTUSに任せておけば良いんだよ」と言うようなものを、年末~春にやるので、わたしとしては「モデルが出てなんぼのもんが、全然出て来ないなんて信じられなぁ~い」です

モデルとしては、チアゴ・ガスが早くも登場してました
彼はモデルとしても日本の雑誌に出て来る露出度とかも合わせて考えると、「なんか、バカにしてごめん」と、ご本人さんに謝りたい気分
購入を見送った雑誌の、およそ3誌に出てました
そんなに人気あったのね、チアゴさん・・

マイケルはまだ、出て来てませんが、来週発売の雑誌はいかほどのものかと楽しみにしております

当時はロックたん熱がマグマ並みに高かったのでロックたんだけを誉めちぎってましたが、去年もらった伊勢丹のカタログを改めて見ていると、

やっぱ悔しいけど、マイケル・ガンダルフィの方が男前だなぁ・・と、しみじみしてしまった
ごめん、ロックたん
I think that it appears, although Michael cannot be found with a Japanese magazine.
If Michael of the catalog got last year is seen, handsome one is known although Roc is located in a line next.
I'm sorry for unclear English.
This is a limit.


今日は買った雑誌がいつもの半分以下だったので、海外雑誌を買うことができました
ずっと立ち読みで終わらせていた、UKの男性ファッション雑誌ですが、今月は目玉が飛び出そうなくらい良かったので買いました
表紙はちょっと痛んでたけど、中身が綺麗なものが1冊残っていて、それをレジに持って行ったんですが、店員さんの扱いが悪くて折れ線が入ってしまいました・・
もう、今日一日ブルーです
国内雑誌と海外雑誌は売り場が違うので、国内雑誌のレジスタッフだと、扱いがうまい人が大勢居て安心して任せられるのですが、海外雑誌はその書店では滅多に買わないため、「手の平で持ってください」とお願いするのを忘れてしまい、お陰でお目当てのモデルのページにしっかり折れ線が入ってしまいました
なんかもう

ブン殴りたい(´^∀^`)


今月も立ち読みで済ませようと思っていた、UKのファッション雑誌
ところが、国内雑誌は年末になると「もうダメっす。限界っす」と言う青色吐息が見えそうなくらい、モデルの出て来るページが極端に少ないのとは逆に、海外の雑誌は「いつもこれくらいモデル出せよ」と突っ込みたくなるくらい、大勢出てました
これが買わずにいられますか

欲しかったのは、Andris Pirtnieks
昨日、代理店で更新されていた画像が良かったので、もらって帰って来たのですが、正にそれがこの雑誌に載ってた


このモデルを知ったのは、今年の初めの、ヴィヴィアンヌ・ウエストウッド・メンの広告でした
あんまりにも綺麗だったからスキャンしてブログに貼り付けたら、メイが「名前知りたい?」とコメントして来て、綺麗ではあっても縁はないだろうと「どっちでも良い」といったニュアンスで返事をしたのですが、メイは律儀にも名前を探し出してくれて
ありがたいですねぇ
何日か過ぎて、「モデルの名前はアンドリスよ」と書き込んでくれました
嬉しいけど、メイはそそっかしいのかめんどくさがりやなのか、いつもファーストネームしか教えてくれません
なので、このアンドリスも代理店で見付けることはその時はできませんでしたが、何ヶ月かした後、偶然見付けてフルネーム、ゲッツ

Since he appeared in the magazine of UK, I bought it.



他にもモデルがいっぱい

このモデルも、今年の春買った、洋雑誌で見付けました
(多分i-Dだったと思う。スキャンしてないので、確実ではありませんが・・)
Jack Harris

ずっと更新がなくて、わたしもすっかり忘れてた今日、この雑誌に載ってました
Jack Harris
Jack appeared in the magazine bought today. (UK magazine)

かっけぇ~
使い道、困るけど

久し振りに更新を確認したら、いっぱい画像がアップされてました
その中でもこれが、一番気に入った
Jack Harris

かっけぇ~

こう言う、『喉から手が出るほど欲しい画像が載った雑誌』は中々手に入らないが、『どうでも良い』ものはあっさり手に入る
。・゚・( ノノ)・゚・。
あたしだって、泣きたい夜はあるのサ

しかし、見るからに別人モデルの画像も混ざってたりして、

ちょっと笑った
It is said that it is the phenomenon which often exists although the picture of another model was in the division of Jack.


こっちのジャックも居た
Jack Shaw

最近は地味にジャックの出た雑誌が手に入るようになって来た
素直に喜ぶべきだろうか
ジェイの出た雑誌が欲しいんだけどなぁ・・(涙
ジャックはどの画像を見ても、どの雑誌を見ても、うっすら口を開けている
だらしないなぁ~と思っていたら、わたしも普段、うっすら口を開けていることを先日、友人から指摘された

すまんかった、ジャック

Jack Shaw
やっぱり口が開いてるジャック
わたしも、こんなのか・・
Jack appeared in the magazine bought today. (UK magazine)


話は変りますが、今日、通行人のお姉さんに道を尋ねられました
場所は大阪のビジネス繁華街
銀行の場所を聞かれたのですが、即答で「わかりません」と答えたのに、それでも地図を取り出すお姉さん
しょうがないからその地図を覗き込んだら、お姉さんの態度が急変
「地元の方じゃないですね、すみません」と、とっととどっかに行ってしまわれました
お姉さん
この辺りに民家は一軒もありません
地元の人間は、存在しません(汗
(大阪では、多くが「その区域に住んでいること」を『地元』と呼びます)
もしやお姉さん
わたしを男と思って、声掛けましたか?

よくあるんですよね(´^∀^`)笑うしかない


今月は、洋雑誌は結構当り月なのかな
良い感じのモデルがいっぱい雑誌に出て来るし

Godefroy C. D. Francs
随分仰々しい名前だなぁ~と思いつつも、スキャン

これじゃ良くわからないでしょうから、代理店でもらって来た画像をペタ


好みの分かれる顔立ちですね~
わたしは結構好きなタイプです

最近、何でも良くなりました(爆


奥の、緑色の頭のモデル


これじゃもっとわからないでしょうから、代理店からもらって来た画像をペタ
Florian Dumay
こっちの方が、もっと分かれるか・・


Florianの着ているセーターが欲しいと思いました
去年のガリアーノでも、似たようなのがあったんですけど、ガリアーノはさすがにどこにショップがあるのかわからず、諦めました
しかし、これはプラダのセーター
プラダなら、どっかにショップがあったはず

でも、値段見たら、今回も諦めてそうな自分がここにいます

Since he wants the sweater of Prada which Florian wears, I think that I will look for a shop.
I want to also look at a gorgeous helmet once in passing.
I'm sorry to be English which is hard to understand.
This is a limit.


ところで、最近悩んでいるのですが
フランスの俳優・Gaspard Ulliel
日本のメディア・雑誌ではギャスパーと表記されてますが


どう見ても『ガスパール』にしか思えない

Gaspard Ulliel
Media of Japan are mistaken in the pronunciation of his name.


ギャスパーと読むなら『d』は要らないような気がするのだけど、フランス語に詳しい女子の降臨を待つ
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-22 18:55 | Magazine
Devil May Cry4
海外のサイトでDevil May Cry4のキャプチャー画像を発見
「なにぃ?!」とばかりに、公式サイトへ
(媒体はPS3)


誰っ
この男前

一通り動画を見て、キャプチャしまくってキャラページに行くと、新キャラであることが判明
密かにダンテのにーちゃん(バシル)が再登場したら良いのになぁ~なんて考えてたあたしが、甘かった

うちのPS2は、バグが大量発生した初期型を改良した後に出た2号機
分厚くて、バグは発生しないけどメモリ不足で後期のソフトは画像処理が追い着かなくてフリーズする優れもの
なので、PS3がPS2と互換性を持って欲しいのだけど、そこんとこどうなのかしら
正直買い換えたいけど、PS3がイチキュッパになるまで待とう

値下げしたらハードと一緒に買おうと考えているDMC4ですが、クリアしたのは3だけで、2は途中で放置
1は買ってません
CMの動画だけ、なんでか保存してます


動画を見てた時は

「なんかダンテ、シリーズごとに若返るなぁ」なんて思ってしまいました

だって、このゲームに出て来る男キャラ(ブサイクなのとか、オッサンは除く)ってみんな、白髪銀髪だし
銀髪と言えば『銀髪の悪魔・リー・チャオラン』を連想してしまう
ゲームが違うがな

鉄拳好きのわたしとしては、いつか『女神転生(アトラス)+DMC(カプコン)』のコラボみたいに、『鉄拳(バンダイナムコ)+~』って、ないかしら
大阪の人間は、結構悪乗り好きなのよ~ん(カプコンは大阪のゲーム会社)

ダンテはこっちでした

いきなりスプラッター

FF7のムービーDVD『アドベント・チルドレン』を髣髴させる男前


ゲームの世界も最近はビジュアル(見た目)にこだわるようで


公式サイトにもあったダンテの静止画像

マークス・シェーケンバークかと思ったよ
(いきなり老けて見える角度に驚き)


こちらはネロと言う名の新キャラでした

動画を見てる間中、「誰かに似てるなぁ」と、似てるモデルの名前を思い巡らしましたが、そんな自分に虚しくなったのでやめました

やめましたが、聞きかじった話しによればDMCも実写化の話しがあるとかないとか
なんか交渉中らしいですけど、随分前の話しなので立ち消えになったかも
でも映画化するとしたら、ダンテはジェイにやって欲しいわぁ~と思いました
個人的なものですけど、
シリーズ3作目のダンテ


「なんか似てるなぁ」と、勝手に思っただけです


ジェイ以外、画像は全てカプコンに帰属します
が、今頃知ったのですが、このブログに貼り付けた画像、動画、記事などは全てエキサイトに所有権が移るらしいです
じゃぁ、著作権侵害に当る画像なんか貼っても、責任はエキサイトが負うってことなのね?
やりぃ
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-21 18:55 | Chat
クリスっが来っる~
ついこの間、買った雑誌に載ってたのがかっこよかったからネタにして、ブログの背景にもしたくりすどえ(正しくはクリス・デュー)が来年来ることがわかりました

Chris Doe
マジでか

来日祈願もしてない内から来るなんて・・
これはもう、惚れろってことですか?(違う違う

来年は色々色々たくさん、モデルが来ます
楽しみです
ロックたんも来るし
うひょ~(゚∀゚)!!


The list of models which are due to come to Japan was added further.
list of blog Ivy
追加はblog Ivyにリストしました

ついでにフィゲラス・ツインズ、トムが帰国しました
フィゲラス・ツインズは2ヶ月居たけど、トム、帰るの早すぎ(涙
The Figueras Twins and Tom went back.
Tom was in Japan only for one month.
It's lonely.
I wanted you to be in Japan to a slight degree.
[PR]
by haruhi-style | 2006-12-20 22:56 | Visit to Japan