- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 56 )   > この月の画像一覧
Paul Boche & Stan Ripley and more
先日、ロックたんの居るデンマークのモデル代理店で、ポールを見付けた
ここの代理店のディビジョン画像は小さいけれど、画質が綺麗なので結構嬉しい
しかし最新のポールの画像は、雑誌を持っているのでテイクアウトには至らず
昨日、来日しているモデルの追加で、画像を探していたら、NYの代理店でポールを発見
ポール
最近勢力を広めている様子
おぉう

NYの代理店はモデルの画像のをpdfファイルに圧縮して配布してくれているので、迷うことなくダウンロード
専用ソフトで展開すると、大きなサイズの画像を手に入れることができる
しかし画質が荒いので、嬉しいような悲しいような
だけど、他の代理店で既に入手済みのものだけど、欲しかった画像も入っていたので、それは嬉しかった


Paul Boche

今後、ポールの画像で困ることはなさそうだ

祈願・来日(え


「タバコ」か「ボールペン」かで意見が分かれたことのある、この画像もありました


Paul Boche

やっぱりタバコでした
いやん、ポールってばタバコの持てる大人だったのね♪


Paul Boche
画像のサイズを大きくしたので、サムネイルにしています
クリックすると、別窓で出て来ます
ポールの眼が怖い
鼻じゃなくて、眼が怖い
スターウォーズ・エピソードⅢ!!
ヘイデン・クリステンセンの(ペプシのおまけについてたラベルに似てる)眼が怖かった)


以上を踏まえた上で(踏まえるだけのものがあるのかどうか、ちょっとわかんないけど踏んでみてください)10MEN(海外雑誌)のスタンくんを見ると

Stan Ripley
ヤバい
このままスタンくんが髪を伸ばし始めたらポールと区別が付きにくくなる。頼む、スタンくん。髪は伸ばさないでくれ

と、祈りたくなる
逆に
ヤバい
ポール、頼むから鼻を整形しないでくれ。整形されて細くなると、スタンくんと区別が付きにくくなる

と、祈らなくてはならなくなる
どっちにしても、ポールは鼻がゴツく、スタンくんは


おいおい、それが16歳のアゴですか
アンディ・ジレットだって、そこまで割れてねーぞ
ひよこどころか、ダチョウが出て来ますよ
と、他人事ながら「これ以上ひどくなりませんように」と切に願うアゴなため、心配することもないんじゃないかとも、思えるようになって来た


ポールの代理店が増えて、ジョナやスタンくんの最新の画像(雑誌)を入手できて、趣味に関しては充実して来てる
めでたい

スタンくん目当てで買った雑誌を、家に帰ってゆっくり眺めていると


Jarrod Branch
セクシーなジャロッド・ブランチが居た

この人は、来日していながら海外の仕事もこなしてたんだろうか・・
なんかすっげー
そんな人が来日してたのねぇ・・
ジャロッド
絶対稼いでるよな
ほぼ毎月、なんかの雑誌で見てるから
いいなぁ~・・
これがロックたんだったら、エネルギー不足になることもないよなぁ


春に買った10MENもエロかったが、今回買った10MENも、なんとなくエロい


Jarrod Branch
ジャロッドの背中がエロい
体の太さはごついくらいなのに、なんかエロい

ところで、このナポレオン・ジャケットは、一般の人でも着ようと言う気になるだろうか
実際これを着て街を歩いてる人が居たら、あたしはきっと、眼が釘付けになると思う


V MENの最後の方はスーパーモデルがずら~っと並んでいたが、10MENの最後の方は新人君がずら~っと並んでいた
(モデルなりたてと言うのではなく、モデルになって1年未満と言った感じの雰囲気でした)
その中に、ニコラスが居た
Nicolas Chabot

ニコラスは、()去年のマティアスに似てる
(※=今年のマティアスは、顔が老けた。去年までのマティアスは、可愛かった)
似てるけど、マティアスが老けた分、ニコラスと見間違えることは起きそうにもない

雑誌側がショート・インタビューをしていた
出てるモデルはニコラスの他に3~4人
モデルに「ペプシかコーラか?」(「フィッシュ・オア・ビーフ?」みたいな)と、聞いていた
すると全員、「コーラ」と答えていた
UKだから通じるのだろうけど、これがアメリカだったらしばかれるぞ
(10MENの発行はUK)
アメリカではとりあえず、「ペプシ」と答えておけ
そしてパソコンはMacだ
なんでそうなのか、あたしにはわからない
わからないけど、これで問題はない(らしい)


後は、AnOther Menとcrashの入荷が楽しみだ
(あたしにとって10MEN、AnOther Men、crashは三種の神器のようなものです)


この10MENで、エイドリアンを捕獲


Adrian Bosch

サプライズ発生


そして、「ヤニックはどこだ~~~っ」
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-30 20:33 | My Favorite Model
ごめんなさいぃぃ~~~!><
ごめんなさい
ENGINE11月号のHUGO BOSSのモデルはアンドリュー・スミスです・・
Andrew Smith


ラース・ブルメイスターのHUGO BOSSの広告ばっかり見てるので、確認しないで返事してしまいました・・
Lars Burmeister

アンドリューはかれこれ2年くらいHUGO BOSSのブランドフェイスやってます
ラースは足掛け1年
基本的にラースのHUGO BOSSの広告が多く目に付きます
ちなみに、アンドリュー・スミスも去年、来日してました
2週間くらいで帰りましたが・・

ちゃんと確認しないで、大変ご迷惑お掛けしました
特にレイさんには、相当ショックを受けさせてしまって・・・
あぅぅ


ついでに愚痴らせてくださ~~い><
イタリアの女性から「ジャスティンの出た雑誌を送ってください。代わりに、あなたの好きなモデルの出た雑誌を送ります」と、かれこれ1ヶ月ぐらいメールでやり取りして、こちらは2冊の雑誌を用意したのですが、先方も「何冊か送ります」と言っておきながら、実際送ったのは1冊だそうです
なんか約束が違うんですけど・・(汗
「そろそろ届く頃です」と言っているので、来週初めには到着するかと思うのですが、こちらは2冊送ることになっているので梱包とか郵送方法とか、安上がりにできるようにしなくてはなりません
(じゃないと、わたしが損失を受けることになります・・)
やっぱり、海外の人間との取引は怖いっすね

最初に提示して来た内容と、結果が全く違うから
日本の外交も、そりゃ大変だわ
言ってることとやってることが違うもん
海外の人間は
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-30 10:51 | Information
Collection & Info
アーサーの画像は見付からず、「じゃぁ今度はブライトンの画像を探してみよう」と今年冬のミラノ・コレクションを総ざらい
コレクション画像サイトをチェックしていると、バックステージもいくつか見付け、頭から「ブライトン捜索」の文字は消えました
とほほ・・

Screen left/Conrad Mathschke
セクハラ・コンラッド!!(笑)
真顔でやってるのが、余計可笑しい



全員テイクアウトしたくなるくらいの、粒ぞろい
多分、うっかりダニーもテイクアウトしそうだ
テイクアウトした後で、「なんであんた居るの」とか言いそうだ
そんな気がする


2006 F/W
モスキーノにマーティンが出てたことを、昨日知った・・



カーソンさん(Carson Parker)の隣に居るモデルの、「えっ?!」って驚いたような目に驚いた
「えっ?!」



カメラ目線の手前のモデルより、後ろに居る、「黙って静かに出番を待っている」ギャスパー(Gasper Dietrich)を見て、笑いがこみ上げるのはどうしてだろう



多分スコットちゃん・・
(Screen left/Probably, Scott Walhovd)



ジェレミー王子(screen right/Jeremy Dufour)の顔を見ていると、なんだか写真が歪んでいるような気がするのだけど、中央のジャレッド(screen center/Jared Jones)は正常に見える
なんでだろう



スコットちゃんは、何をそんなに張り切っているんだろう(笑)



ジョナァァァァ!♡
なんか、すっげぇ可愛く見えるんですけど、眼科に行った方が良いですかっ?!
コレクションの舞台に立つジョナは「大人の男」なのですが、裏に回ったプライベートなジョナは、少年臭くてかわいいのです。・゚・(ノд`)・゚・。

ちなみに、画面左の眉毛の辺りで切れてるプラチナ・ブロンドはボイドです
わたしが切ったわけではありません
発見した時には既にこの状態でした・・


モスキーノのバックステージで気を良くしたため、他のブランドのバックステージも物色してみました


Mathias Lauridsen
(顔が)面白すぎ


Hampus Ahlquist
ハンプスの髪って、羨ましいくらい綺麗
顔がもう少し短かったら、ストライク・ゾーンに入ってたかも知れない


Justin Poortinga
I has noticed having had Justin's collection picture.
覚える気はないのに覚えてしまったジャスティン・・
ジャスティンのランウェイ画像を見付け、持って帰ろうとしたら既に持っていた(汗)


ブライトンも結局見付けることができず、気分転換に去年の夏コレ画像を見ていました
ニール・バレットで、今年の夏の来日組を発見

Igor Medeiros
こわ・・・ッ、こわ・・・ッ、怖いよ、ママン。・゚・(ノд`)・゚・。!!
雑誌に出て来たイゴールの方が、男前で幼い顔してました・・


Jake Davies
わたしがモデルの顔を覚えるきっかけは、ブランドフェイスになったことがあるか、ブランドフェイスになってなくても個性があるか、来日して一度でも雑誌に出て来たことがあるかのどれかです
個性のないモデルはやはり、わたしの記憶には残りにくいです
(キャパが少ないので^^;
「覚える気がない」のではなく、「覚えられない」のです・・・


Vincent Lacrocq
来日してくれたお陰で、名前の正しい読み方を知ることができたヴァンサン
(顔は以前から覚えていました)

・・・じゃぁ、はるくん(Vincent Hoogland)の読み方は・・・?(汗


Michael Camiloto
マイケルも、来日をきっかけで顔を覚えられた
だけど良く考えたら、モデルの名前とか顔とか覚えたって、なんの自慢にもなんないよな・・(と気が付いて、ものすごく虚しくなった・・・)


Jeremy Dufour
ジェイク・デイヴィス以外(違う代理店なので)全員、日本の代理店では見事に「ダイレクト・ブッキング」になってます
ジェレミー王子は、このままの顔で来るか、あるいは


こっちの顔で来た方が、仕事の来る量も違ったんじゃなかろうか
結構長く滞在してたから、これから雑誌に出て来るのかしら
まぁ、後2ヶ月は楽しめるだろうか


Markus Surrey
雑誌に出て来るのを楽しみにしてましたが、結局見付けられませんでした・・
雑誌では見付けられなかったけど、冬のコレクションでは見付けられた
素直に喜ぶべきだろうか(汗)


さて、長くなりましたが来日したモデルが何人かいらっしゃいますので、今から画像を集めてblog Ivyで更新したいと思ってます
(ファーストネームしかわからないモデルが居るため、探すのに時間が掛かりそうです)
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-29 23:08 | Information
明日にしようかと思ったのだけど・・・
寝る前に、アーサーが他のパリ・コレに出てないか、探してみようと思った
きっかけはいつも、何気ない行動からです
コレクションの画像を公開しているサイトは、最新のコレクションを商売用として会員にはパスワードの掲示を
それ以外の一般閲覧は半年経ってからパスワードを解禁します
お金は極力払いたくないので、いつも解禁になってから画像をいただいてます
今年初めにやったコレクションの画像は、ある程度集めたつもりでもどこかで拾い漏れがあるのではないかと思い、フォルダと照らし合わせながらチェックしてました
すると、M & F Girbaud(今年夏のコレクションでは、ポール・ボーチェが出てました)で二クラス(ニクラス・イングーバー)を発見!

Niklas Ingvar
来日して、雑誌で見続けたお陰で間違いなく顔を覚えられ、「二クラスって、最近でもコレクションに呼ばれてるほどのモデルだったんだぁ~・・」と、感慨


Matthew Guion
もみ手のマシューも居た
オデコを帽子で隠して、ちょっと可愛い
関係ない話だけど、最近マシューとハンプス(Hampus)の見分けがつらくなって来た
こっちも結構コレクションに出てるので、ある時を境に名前を間違えそうな予感もりもり


Tom Guiness-Taylor...
顔のコンディションが中途半端なので、逆にトムなのか別人なのかわからない
コンディションが悪いか良いか、はっきりしてくれ、トム


Demi Moore
デミ・ムーアも居た

It's joke

アーサーをギーブス以外で見付けるのは不可能なのか・・と、ガッカリし掛けてた時、心臓がドックーンと鳴りました


Roc Montandon


きゃぁぁぁぁぁぁ!!

ロ、ロ、ロックたんが居るぅぅぅぅッ!!!



ここのコレクションに出てたなんて知らなかったので、ほんっとに驚きました


ロックたんのどこが好きかと聞かれたら、「全て」と即答する自信のあるわたし
だもんで、肝心な顔が写ってないものだって即座にお持ち帰りしちゃうもんねー

my sweet
ちょっと内股のロックたん♡

コレクションの最後の方で、D&Gでも恒例の、モデルのヌード大行進(上半身だけね)
マシューも脱いだ
トムも脱いだ
ところがトムは、かなり際どいとこまでトランクスを下げてるものだから、アンダーヘアー丸見え(汗
地毛が黒だってことがわかりました

なんてことしてくれるんだ、トム
トラウマになっちゃったじゃないか
折角バーバリーの広告でトム炸裂の雑誌を解体中に見付けて、ウキウキしてたのに
明日から、トムの顔見る度に思い出しちゃうよ
これ
別人でありますようにと、心のどこかで祈ってます


Niklas Ingvar
ごめん、二クラス
素直に「気持ち悪い」と思っても良いかな・・
特にアバラの辺り

今年夏のD&Gではロックたんのヌードが見れず、ちょっと淋しかった
今年初めのフジワラのコレクションで、ロックたんの(体型が変わりつつある)ヌードを見て、その時はショックだったけど、時間が経てばまた見たいと思うのがファン心理
見たいわ
ロックたんのヌード
と、画像を見ていると、ありました
ロックたんのヌード
だけど他のモデルは全員上半身裸なのに、ロックたんだけ
Roc Montandon
ジャケット着てたわ・・・

ロックたん
ヌードは嫌なのね
クスッ(´^~^`*)


9ヶ月前のコレクションとは言え、初めて見たロックたんの画像のお陰で、ちょっぴりエネルギー充填できました♪
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-29 01:02 | Roc Montandon
Arthur Rodrigues de Sales
パスワードが解禁になった、今年初めのパリ・コレのギーブスで、アンドリーの後ろからちょこちょこっと歩いて来る(と、勝手に想像)、可愛い子を見付けました
名前はアーサー・ロドリゲス(以下省略)

記憶にも残ってませんでした
メイに名前を聴いて、代理店で画像を見るまでは




海外掲示板に出入りし始めた頃、おのぼりさんなわたしは、モデルの画像をなんでもかんでも貼り倒しておりました
節操なく・・(汗
その中に、アーサーの画像もありました
ベッドで寝転がるアーサーを貼っていたわたし
モデルの名前すら覚えてなかった・・
その、名前も覚えてなかったモデルと、まさかこんな形で再会するとは・・!


ギーブスのアーサーは、とにかく可愛かった
前に歩いているのがアンドリーだとしても、アーサーに眼が釘付けになるくらい、可愛かった

なんで過去形なのか
いや、アーサーは今でも可愛いさ
微妙なものも確かにあるが


モデルには、意外とモジャモジャが多い
男前なのにモジャモジャの所為で魅力が半減してしまったGabriel Fenailleとか、今ではタダのトラウマに過ぎないカテブとかね
リッチモンドのブランド・フェイスやってたルイ・アーチャーも、リッチモンドに出る前はモジャモジャだった
そんなモジャモジャの中で、アーサーは世界で一番可愛いモジャモジャだと思った



ちょっとスヴァン・シューマンが入ってるのだって、愛せる自信があった・・・ッ



他がよければ、多少ブサイクでも多数の中では消えてしまう
あぁ、悲しい民主主義国家・・・(どう言うたとえだ

「多少ブサイクな画像が混じってても、1枚でもかわいいものがあればそれでオッケー」
そうしてお気に入りに入ったSera

ブサイクな画像には蓋をしてしまうあたし

アーサーの画像の更新チェックをしていると、ものすごいものを見てしまった


例えば、可愛い顔のチャーリーがボウズになっても
Charlie Weaving
「あら、ボウズも可愛い♡」
と、思える

逆にボウズで見慣れたエイドリアンがふさふさだと、かなり違和感を感じる
Adrian Pastor
違和感
丸めろ


しかし、ほんの1ヶ月前、可愛い笑顔のポラで終わっていたアーサーが


いきなりこんなことになってたら


誰でも驚くわ

どこの犯罪者かと思ったわよ、あたしゃぁ・・
ビックリして、ボウズになったアーサーの画像を掻き集める
集めに集めたボウズ・アーサー9枚に、悦る

やっぱ元が良いのかなぁ~と思いました
ギーブスでは「お嬢さん、足元に気をつけて」と声を掛けたくなるほど可愛らしいアーサーが、
これだもん

無精ヒゲ、似合ってんじゃん

基本的にボウズはあんまり好きではないわたし
もしもロックたんがボウズになったら、「ボウズ大好き。だからチャド・ホワイトも好きなのさ~っ。時代の先端はボウズだよ、諸君!」とか言ってそうだけど、ホントにあんまり好きではないのよ
(チャーリーの坊主は許す。可愛いから)

しかし、昨日「お気に入りモデル」を更新して、髪の毛ふさふさのちょっと古いアーサーを貼って、「世界で一番可愛いモジャモジャ」とかって書いたその日の内に、ボウズになったアーサーの画像を見付けることになるとは・・
なんの因果かわからないが、

Torbjorn Larsson
これよりかはマシだな・・と思った




















アーサー!

どこ消えたー!!
←結局現実逃避
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-28 14:51 | My Favorite Model
何か来る―――(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)―――!!!
ヴァレンちゃんは一切雑誌には出て来ないのか、無駄に時間だけが過ぎてゆく
毎日、「ヴァレンちゃんはまだ居るか?」と数時間おきにチェックしてます
今日は、まだ居るっぽい
お願い神さま
ヴァレンちゃんに仕事をプリーズ
あたしに安らぎをプリーズ

ヴァレンちゃんそのものでも良いんだけどね、きっと生活習慣の違いや言葉の壁で、すぐダメになると思うのね
(思わなくても現実的に無理)
ヴァレンちゃん
学校を犠牲にして(ロシアも学校は9月から始まってる)も、仕事しないで帰るだなんて、宿泊費や食費は元取ってないわよね
コレクションに出ただけじゃ、チケット代だけで「何しに来たんだろ、ボク・・・」ってことになると思うの・・・

神様、プリーズ
ヴァレンちゃんに仕事をプリ~~~ズ(´д `;)


とまぁ、毎日針の筵のような気持ちで居るわたしに朗報




マジでかッ?!

去年の来日時、ニコラスの出た雑誌を何一つ買わなかったダメなあたし
今年は絶対買うわッ!
だけど「出て来い出て来い」と祈って(呪いかも知れん・・)も、ヴァレンちゃんのようになぁーんにも出て来ないって場合があるので、平常を装うわ


ニコラスが来るんだってさ
でへへへへ・・・・・・・・・・



ニコラスが来るってことは、『ニコイチ』のサンディアゴも



来ます



10月末にオリバー・アルトマンも来ますが、ここのブログには思いっきり馴染みのないモデルさんだったりします
許せ、アルトマン
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-26 20:51 | Model
本日発売
書店に向う道中、「ENGINEに誰が出て来るだろう」と、予想するのが楽しいです
ENGINEは、わたしが記憶する中ではカスなモデルが出て来た試しがない唯一の雑誌
人それぞれに好き嫌いはあっても、雑誌やコレクションで活躍する世界的に有名なモデルが挙って出て来ます
ENGINEは知ってる人も多いように、車専門誌です
しかしファッション・コーナーは編集部の熱意と言うか、熱気というか、気合と言うか、そう言ったものが感じられます
海外の車専門誌『インターセクト』も、ENGINEに同じ傾倒にあります
車専門誌でありながら、ファッショナブルな内容で、モデルがぞろぞろ出て来ます
ただ、ENGINEと違って高いので、買えません(涙)

地下鉄の中、わたしが予想したモデルはジェレミー王子(Jeremy Dufour)、ジュリアン(Julian Feitsma)、ヴァンサン(Vincent Lacrocq)
あとは適当(笑)
実際出て来たモデルは

王子

Jeremy Dufour


さすがだよ、王子!
これは王子ファンも納得すると思う!

今思えば集英社(men's non+no 秋G)は、もったいないことしたなぁ
王子の地元フランスでは、「王子のためなら、金に糸目はつけない」ってゆう、熱狂的な王子ファンのパリジェンヌがたくさんいるんだから、あそこで「おいおい、王子特集ですか?」ってくらい、王子使ってれば儲けたのにね
(日本の雑誌も多く海外に輸出されている。海を渡れば値段は一律2倍増しだが、それでも飛ぶように日本の雑誌は売れてる模様)

・・・よし、今から秋G買い占めて、外国人向けに商売してみっか(冗談です

王子ファンではありませんが、ようやく『王子』らしい王子を見れて、なんとなく安堵
しかし、王子

Jeremy Dufour
嫌なことでもありました・・?
なんかストレス太りしてるし目付き悪いし・・・(汗

上と、かなり別人になってるんですが


Julian Feitsma

コルァ!ジュリアン!
俯くなぁぁぁぁ!!


予想ではヴァンサンが出て来るかなと思ってたのですが、ヴァンサンは出て来ずダニーが出て来ました
Danny Beauchamp

こっちのダニーは微妙

以上がENGINEレポートでした

微妙なダニーなのに、NAVIに

Danny Beauchamp

一瞬「ロックたんかっ?!」と、ドッキーッ!っとするダニーが居ました
前髪が激しく紛らわしいです
(前髪長いモデル=ロックたん)
最近、ロックたんの愛に飢えてます
飢えてるゆえの暴言です
ご了承ください

ダニーさっさと髪切れボケがッ!!


Martin Cannavo

やっぱり顔が長いマーティン
だけどもしかしてナイスバディ?
ウエストがほっそい(手がでかいだけかも知れないが)

以上がNAVIレポートでした

やっぱ月末発売の雑誌はいろいろ面白いです
今月発売の雑誌情報は全てblog Ivyにまとめてます
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-26 13:20 | Magazine
Valentin Savchenko

Weekly Model:Valentin Savchenko

ヴァレンちゃんが雑誌に出て来るまで、祈願を込めてずっとヴァレンちゃんの画像を貼って来ましたが、貼れそうなものがなくなったのと、コスチューム・ナショナルのこのヴァレンちゃんが気に入ってるので、今週もこれで行きます


先月辺りから日本の雑誌に、最も多く出て来たパトリック(Nina boy)
海外雑誌であるANOTHER MAGAZINEからメールマガジンが届き、公式サイトを覗いてみたら、そこで発見・かわいいパトリック

Patrick G. (Nina) by ANOTHER MAGAZINE Official site

見た瞬間、「えっ?!ロックたん、最新号にも出てたっけ?!」と、全身の血液が逆流したけど、良く見たら名前のとこがパトリックだった
しかし、「パトリック」と言う名前のモデルでブサイクは少なくて、寧ろ男前が多いのだけど、このパトリックも可愛い
可愛いのに、何故日本の雑誌に出て来たパトリックは

Patrick G. (Nine)
こんなことになってしまったんだろう・・


海外雑誌の10+Menでは、微ブサイクなジョー
Joe Kessler

日本の雑誌では、微可愛くなりました
Joe Kessler


街角で見掛けるギャッツビーの広告
木村さんがどうしても、ピン芸人のヒロシに見える
ファンには大変申し訳ないが、早く外して欲しい気持ちでいっぱいです・・

昨日、土曜プレミアムで「電車男」を見ました
面白かったです
ドラマ後半の北村(北村一輝)さんのキャラが、謎でした
あれは、なんのつもりだったんだろう
面白かったけど、最後までずっとあれだったから、ウザいっちゃぁウザかった・・
パソコンをシャットダウンやログアウトもせず、行き成り電源ボタンを押して止める伊藤くんの行動にも、笑った
パソコン壊す気かっ
(マイ・パソのメーカーのサポートからは「電源でパソコンを止めるのは、シャットダウンも強制終了も効かない場合だけですので、滅多なことでは押さないで下さいね。電源シャットダウンは、いわゆる『最終兵器』のようなものです」と言われてます)
ちなみに、先週は映画の「電車男」をやってましたが、始まって10分くらいでチャンネル変えました


さっきまでMoto GPを見てました
元バイクバカなわたくしですが、つまらんのでこれから買い物に行って来ます
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-24 11:52 | Weekly Model
ジョナ、げっつd
gromitさんのブログを拝見していて、マドンナのライブにいかれたとの記事を読み、先日見た朝の番組を思い出しました
ライブの合間、買い物に出掛けたマドンナ女史
その傍らにカメラマン、スティーブン・クラインの姿が

スティーブン・クラインと言えば、L'UOMOには必ず出て来る超有名カメラマン
(検索すれば、関連サイトがボロボロヒットします)
かくゆうロックたんも、スティーブン・クラインと組んだことがある
(ロックたんが表紙になった、去年のL'UOMO)

クラインに撮ってもらうと無名でもいきなり有名モデルになれる、まるでアゲマンのようなカメラマン
縁起の良い招き猫のような人
オッサンだと思っていたら、意外にも若い感じの人でした
ちゃんと見てないので、いい加減な記憶ですが、テレビで俯いて歩いてるスティーブン・クラインが、コレクションで俯いて出て来たエディ・スリマンに見えた(笑)


隔週土曜日は、海外雑誌が入ってないかチェックしに行きます
毎月チェックだけはしてるけど、高くて買ったことのないL'OFFICIEL HOMMESですが、今月は買っちゃいました


結構、良い感じのモデルが大勢揃ってたのと、見逃せない人が出て来たので・・
その、『見逃せない人』とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Jonathan Nee
ジョナァァァァァァ!!!!!


ジョナは普段は音楽活動をしているので、普通のモデルに比べて雑誌に出て来る露出度が低いのです
しかも邪魔な文字が一切入ってない、まるで写真集のようなL'OFFICIELを、買わないわけには行きません
これを逃がしたら、いつジョナを雑誌で見付けられるかわからないのですっ
ジョナの画像はコレクションがメインで、後は代理店にあるものか、広告くらいしか持ってません
高くてもう、眼球飛び出しそうでしたが、「二度と見付けられない」覚悟で買いました
(んで、来月のattitudeとかに出て来たら、後ろに倒れます)

コレクションだとものすごく大人びている(特にマクィーン)のに、このジョナは年相応の、ハタチのおにーちゃんて感じで、すごく可愛く見えます
良い買い物をしました^^

お気に入りモデルでは、出て来た雑誌を入手できないのはアンドリーだけになりました
アンドリーもバンド活動をしているので、世界中に出回っているような雑誌には、中々出て来ない・・(地元フランスの雑誌とかになら、出てそう)
だけど、今回ジョナを見付けたことで、いつかお気に入りモデル(『プチ』は範疇に入りません)全員の出た雑誌がコンプできるといいなぁ~と、思っております


L'OFFICIELの最後に、ジェームス・ルソーの特集がありました
James Rousseau

これがロックたんだったら、どれだけ幸せなことか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-23 19:10 | Magazine
HUgEオチ
モデルの出て来た雑誌は、まともに内容を読んだことがありません
スキャンしたり、スクラップしたりで、雑誌記者の苦労を全然省みない
モデルが命のわたし

そんなわたしが、「暇だからなんか読んでみるかぁ」と、ジョナ(Jonathan Nee)が表紙になったHUgEを捲ってみたら、




目次にオリジナルが載ってんじゃん_| ̄|○


きゃぁぁぁ~!
ジョ~ナサ~ン(´^∀^`♯)ノノ ♡



今日まで気付かなかったあたしを許してね、ジョナ
[PR]
by haruhi-style | 2006-09-23 12:14 | Magazine