- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Magazine( 152 )
ロックたんが来た。しかし結局ナオが好きですみません
エキサイトブログが先日行ったメンテでは、打開的な解決は無理だったようです
まだ不具合などが発生しているようですが、主に画像が表示されないというサーバーの脆弱が露見する結果に終わりましたけど、ウチは画像表示は専門のアップロードサイトで行っておりますので何の問題も起きません

[問題は起きませんが、エキサイト自体が開かなくなる事態が多発しております
今後ブログが開かない事態が続くようでしたら緊急避難場所を確保しておりますので、ここが開かない場合は念のためこちら(→Sound Rapture)をご覧ください]

ただ眠くて更新できなかっただけ


マジすみません


いつもは10日に発売される雑誌だけど、今月はその10日が日曜日に当たる
たいていの雑誌は8日(早ければ7日)に店頭に並んだようだけど、最近のわたしはモデルよりナオ((c)コーエー 『戦国無双2』 直江兼続)
9日になって「なんと!今月は8日発売だったのか・・!し、しかも遂にロックたん登場!これは買わねば・・・ッ」と思いつつ10日になって書店へ
なんか、情熱がちょっと冷めてる・・?(汗

折角コメントまでしてロックたん情報をお寄せいただいたのに、それを足蹴にするような内容で本当に申し訳ございません・・

表紙が誰だかわからなかった
男前だけど、随分濃い顔だなぁ~・・と
でも、表紙になるくらいなんだからきっと有名モデルに違いない
そして、書店で中を開いて―

Maxmiliano
おぉぅ、マキシだったのか

刺青がなかったら一生わかんなかったわ
マキシはどんどん男っぽくなって来て、こう言う男が好きな人も多いんじゃないかと思った
わたしはどうでも良い
南米人なだけに濃いことは濃いけど、やっぱ男前な顔してる
毛も濃いけど

濃い毛は好きじゃないな・・(ぽそ


他に出てるモデルで名前がわかるのって

Lars
ラースくらいだなぁ

ラースはじっくり見れば可愛い顔をしている
可愛い顔なのは認めるけど、やっぱりわたしにとっては「なんか惜しい人
どうもイマイチな顔なのだけど、毎年日本に来るくらい
きっとスタッフ受けが良いのだろう
鼻持ちならないヤツなら来ても仕事なんてないと思うし
しかし、去年はあれだけの雑誌に出て来たラースだけど、今年は謙虚だった
あんまり見なかった・・
他にも来日したモデルの数が多かったのと、タイミングが悪かったかなぁ
ポールもそれほど雑誌には出て来なかったし(←ちょっと残念
中も半分くらいはマキシばっかりで、ぶっちゃけつまらんかったが、ロックたんが載ってるので買わずにはいられなかった
解体(スキャン)用・保存用と3冊お買い上げ
海外雑誌買うより安いし


今年初め(コレクション終了後)の来日の時の仕事に比べて、随分良くなってる
表情もロックたんらしい
なかなか良い顔してる

なのに、何故燃えないんだろう・・・・・・・・・・・・


今年のロックたん(20歳)


2年前のロックたん(18歳)

違いがわからん
2年前の画像は、向きを合わせるため左右を逆転させました

悪く言えば成長してない
良く言えば老けてない
個人的な意見を言うなら、モデルのキャリアがほとんどなかった頃に来日したロックたんの表情が良かった
いろんな顔(表情)ができたのに、キャリアを積んだ今は逆に同じ顔ばかりでつまらなくなってしまったのが残念
慣れてしまったからだろうか
様々な表情のできるモデルがやはり長生きしてるので、ロックたんにもあまり『倦怠』を感じさせるような顔はしないで欲しい

海外雑誌(i-Dだったかなんだったか忘れた・・)でエディ・クリントを見た
綺麗な表情をしてました
思わず「買っちゃおうかなぁ・・」とか考えたくらい(結局買わなかったけど)
彼もキャリアはロックたんと同じくらいか、ちょっと先輩くらいだと思うけど、ちょっと見習え、ロックたん。と言いたいが、わたしは何様でもないのでここで吠えるだけで終わらせたい

他にも出てた雑誌があったので見てみた

Dragos
Dragosのフェイスラインは絶賛ものに匹敵する
もうちょっと顔の写りが大きかったら、イラストの下地にしたいくらい
これならどんどんナオが描ける♡
Dragosにはもっと雑誌に出て来て欲しいです


Marco
Marcoは一応ドイツのモデルなのだけど、半年置きぐらいに日本の雑誌に出て来るから最早ありがたみが抜けた
Nineも他のモデルをよこせ
できればユーグを・・・


この雑誌を買った理由は、やはりロックたんなのだけど、


かなり微妙

雑誌を買う理由は「好きなモデルが出てるから」と、「壁紙に使いたいと思える画像だから」と、あとのひとつは「気が付いたら買ってた」
この雑誌も、ロックたんが出てなかったら買わなかったと思うけど、何気にDragosが良かったので結局買ってるような気がしなくもない
ロックたんに関しては「好きなモデルが出てるから」買うのだけど、以前は壁紙とかにも加工してたくらい好きだったのに、今ではナオの方が好きになってしまったので、現在のデスクトップ壁紙はナオである
しかも既存する壁紙ではサイズが合わないので、自分で用意した


大事な大事なデータが、わたしのヘマで消えてなくなりHDD内部は真っさらな状態になってしまいました
デスクトップもウィンドウズの標準の壁紙
そんなの切ない、寂しい、やり切れない
なので(別に出さなくても良いのに)この間描いたナオをデスクトップ用壁紙に加工しました


幸せすぎて怖いくらい



2ヶ月連続でディミトリを見るとは思ってなかった


定期購読してる雑誌だから、拒否権がないのよ・・(涙
[PR]
by haruhi-style | 2007-06-15 09:59 | Magazine
たまにはやることやらなきゃね
と言う、おざなりな態度で申し訳ございません
ここのとこバカみたいに「ナオが」「ナオが」と書いてますと、まるで「義が」「義が」と「うるさい兼続のバカ」(政宗談)や、「バカめが!」「バカめが!」と、「なに、それ。司馬懿とキャラ被ってんじゃん!」と突っ込みたくなる政宗のバカと同じになりそうだけど、でもナオとなら同じバカでも良いや。なんて思ってますので、危険だと思ったら遠くから見ててください


たまにはモデルの更新もやろうかと、重い腰を上げてスキャン
3枚だけスキャン
今のわたしには、これが精一杯

バカみたいにナオをデジカメで撮ったから、燃え尽きたんです


先日買って来た香港の男性ファッション誌
未亡人スタイル
ショーン・ハウの綺麗さに感動して、つい買ってしまいました
日本に来ていたので、恐らくその時にでも撮影したのでしょう
同じ時期に来日してたモデルも写ってましたので

古いパソコンだと、何かと不便です
モデルの名前は、いつもならフォルダからコピペして貼りますが、今使ってるパソコンにはそれがないので一々代理店まで行かなきゃならない
だけどめんどくさいのでやらない
有名なモデルだから「もう良いか」なんて考えてます

わたしはこれで良いんです




ショーンは今、何やってるんでしょうね・・
帰国した直後、アメリカの雑誌で見掛けただけで、その後なんかの雑誌で見たっきり
以前のように頻繁に見掛けることがなくなりました
ちょっと淋しいですネ



今回目を引いたモデル
かと言って、さほど注目はしませんが、注目してないモデルに限って何かがきっかけで「バーン」と出て来ちゃったりするんですよね
面白い世の中です

他には最近綺麗になって来たフィオンも居ましたが、こっちの雑誌ではいまいちだったのでスキャンしませんでした
1枚スキャンするのに膨大な時間が必要なので、だるいからやってません

わたしはこんな風に生きてます
諦めてください
[PR]
by haruhi-style | 2007-06-07 10:32 | Magazine
生きた人間より、バーチャルの人間に安らぎを感じる今日この頃
『戦国無双2』の所為でしょうか
それとも今、日本に来てるモデルがサッパリしないからでしょうか
海外雑誌は相変わらず面白いです


昨日、『何が理由か知らないが、ナオの無双乱舞にアニメーションが付いて嬉しい』と書きましたが、やっぱり装備してるアイテムが関係するようです
その後『前田 慶次』をやっていると、慶次もアニメーション発動しました
ナオの時は発動の度に「キャー!可愛いーッ!!」と声を荒げて歓びますが、慶次の場合は全然です
コーエーのセンスの悪さが露見するだけ
傾奇者(かぶきもの)だからって、なんでモーションが歌舞伎の隈取・・?
アップになった慶次に驚いたくらいです


これより上のスキルでは、どんなエフェクトが掛かるのか楽しみなので、がんばってアイテム取りに行こうと思ってます
待っててね、ナオ~~~♡


戦国無双に登場する武将の本多 忠勝
コンセプトは『三国無双に置ける呂布のようなもので、ゲーム中最強の武将』だそうですが、「この程度で呂布を語るなッ!」と叫びたいくらい、弱いです
ゲームの腕前は子供以下なので、(今日日の子供の方が上手いんだよねぇ・・)レベルは『普通』でやってます
だって、『普通』でやらないと、忠勝どころか他の武将にやられてしまう
ナオにやられるのは本望だ
呂布は『易しい』でも鬼のような強さです
死に掛けること度々
だから、呂布に勝つことが一種のステータスシンボルなのだけど、「我ながらあっけない最期じゃ」と言って立ち去って欲しいくらい弱い忠勝を、『呂布に等しく』なんて書かないで欲しいわ
かと言ってゲームレベル『難しい』だと秒殺されると思うの
戦国無双に甘寧入れて欲しいわ
わたしの中で最強だから(甘寧)
そしたら難しいレベルの忠勝にだってあっけなく勝てる自信はあるわ
だって、OROCHIで甘寧だけだもの

野獣・呂布に勝てる武将は(レベル・激難でクリア

三国無双4はゲームレベル・難しいでもサクサク行けるのに(但し、甘寧・姜維・龐徳に限る。他じゃ死ぬ死ぬ)なんで戦国無双はゲームレベル・易しいでもやられちゃうのかしら・・
日本て、戦争に負けるはずよね(←関係ない


国内雑誌は全く面白くもないので、ここの所消化不良起こしてます
しかしお陰様で海外雑誌が面白いです
高い物は買えませんが(好きなモデルじゃない限り、定価3000円も4000円もするようなもの、買ってはいけないと最近気付いた
定価が4000円を超えるので買わなかった雑誌があるのですが、そこに出てたニートが反則的なくらい綺麗で、これが2000円でお釣りが来れば買ったのになぁ~・・と、残念です
しかし、偶然カメラマンサイトを見付けたので、小さい画像だけど拾って帰ることができました


お肌の艶が良いわ
羨ましい
あたしもエステ行きたい
タダ券もらっても行かないけど・・(行けよ


最近購入した海外雑誌は2冊
しかし、パソコンがアレなため、スキャンがめんどくさい
スキャンしないで何を更新すればいいのだ
毎日『戦国無双』の記事でも書けというのか

ナオと三成のことなら毎日書けるけど、他じゃ無理
家康はやってないので、それ以降に登場する他の武将が出せない
出せないけど、出たところでプレイする気はないからどうでも良い
次に出るシリーズ最新作が楽しみだ
でも、お願いだからPS3では出さないで欲しい・・
PS3自体買えない(涙


すっかり横道に逸れてしまった話を戻すとして
昨日、香港の雑誌を買って来ました
内容の割りに紙の材質はしっかりしてるし、値段も結構安い方なので迷うことなく購入
別に好きなモデルが出てるわけではありませんが、ショーン・ハウが綺麗でした
スキャンはしてません
その気が出たら、いつかやります

いつか



ジャロッド・ブランチが出てました
綺麗でした


雑誌見て、一瞬「リストカット?!」と驚いた傷痕
怪我でもしたんでしょうか
モデルは顔が資本なので、くれぐれも顔に傷を付けないよう気を付けてください
(本人には通じないけど、一応書いてみる)


海外サイトでジャロッド・ブランチを見付け、ついでにニートも見付け、画像は更新する分だけもらって帰ったが、かと言って今後ニートのファンになることは



多分一生ないと思う、好き嫌いのはっきりしているわたし


そうそう
戦国無双で双六をやっていると、どこで運が付いたのか(一応)隠しキャラである阿国さんをゲットすることができました
双六プレイキャラは三成です
武器である鉄扇の攻撃範囲が広いので、ミニゲームとかだと意外に使いやすいのです
阿国さんは、カッコイイ男を見ると出雲に連れて帰ろうとします
その口説き文句が聴きたかったので、早速阿国さんを戦場に連れて行きました
敵武将を完全無視して、真っ直ぐ三成の許へ
三成が名乗りを上げると、早速ナンパし始める阿国さん


阿国さん:「かいらしいわぁ(可愛らしいわぁ)。うちと一緒に出雲においやす(私と一緒に出雲にいらっしゃい)」
三成:「(ここで何か言うんだけど、イベントのセリフが目白押しで控えられず)」
阿国さん:「涼しい目元がかわいらしいわぁ」
三成:「な・・・!バカなことを言うな!」
(上記うろ覚え)

ムキになって照れてる三成が可愛かったです
三成を早速ナンパしていた阿国さんなので、ナオだったらなんて言うんだろうと期待してました


直江:「すまない、美しいお嬢さん。愛と義のため、私はそなたを倒さねばならん」

小っ恥かしいセリフを吐くナオに爆笑したが、阿国さんの返事にも笑った

阿国さん:「うわぁ・・・。可哀想に。顔はええのになぁ・・・」


阿国さん
殺(や)る気マンマンですね・・・・(汗

慶次をプレイしている時の、武勲を挙げた時の直江のセリフも、人からしてみればつまらんが、わたしは爆笑した

直江:「ふっ。この暴れん坊が(笑」


ナオは、フツーにしてても面白いです
[PR]
by haruhi-style | 2007-06-04 12:24 | Magazine
今月は何かがおかしいぞ
なんかおかしい
今月は、どの雑誌も不作だ(海外雑誌を除く)
欲しいと思える雑誌が1冊もない
モデル好きのわたしにとっては、凶作の月である

回線をADSLから光にした途端、MSNメッセンジャーが接続できなくなった
どうも原因はウイルス駆除ソフトにあるようなのだけど、設定を勝手に変えてパソコンが使えなくなったり、ネットに接続できなくなるもの困るので放置している
まぁ、メッセンジャーに届くメールなんて高が知れてるので、このまま放置でも良いかと思ってます
(普段から使わないし、オンライン接続して人に捕まるのも面倒だし)←本音爆裂



可愛い甥っ子に「今度来るまで馬超(三国無双シリーズの蜀の武将)、育てといてやるよ」と約束したものの、ごめんよ、甥っ子
ねーちゃん(甥っ子姪っ子からはそう呼ばれているので・・)、ついつい姜維育て切っちゃったヨ
最終武器もゲッツしちゃったよ
孟起くんは放置サ
だって姜維、可愛いんだもん・・・
三国シリーズの中では一番男前なのに、何故か影の薄い姜維が最近のお気に入りです
全然手付かずの三国無双3でも姜維を育てたいと思ってます
そうさ
今のわたしは姜維萌え

声優さんの声は気に入らんが(ぽそ


今日は雑誌の発売日なので書店に行きました
いつもは自転車で30分のところ(時間によっては40分掛かる場合もある)にある書店に行くのだけど、昨日出たHUgEがブッブー(不作)だったので、「時間掛けてしんどい思いして行った所で、もし不作続きだったら時間・体力の無駄だな」と思ったので、近所の書店にしました

あー、これ書いたら面が割れるかもしんないなー・・と言いつつ書いてしまう

軒並み雑誌が(わたしにとっては)アウトだった
気を取り直してGQを探した
が、見付からない
「あれ?」と思いつつレジにいる店員さんに聞いてみた
すると店員さんも見付けられないようで、書店店長さんを呼びに行った
個人商店なので、店長さんは奥の従業員専用の部屋に居た
そこから出て来てGQのある棚を教えてくれたのだけどこの店長さん、いきなりわたしにこう言った

「GQって、どこに置いたら良いですかね」

何故わたしに聞く(汗

普段はビジネス誌コーナーに置いているのだそうだ
確かにビジネスマン向けの雑誌だから、間違ってはいない
しかしGQのメインディッシュはファッション
取り上げるページは少ないけど、他のコーナーより金を掛けているので
「ファッションコーナーじゃないっすか?」
と返答
すると店長さん、GQの中を開いて
「あ、ホントだ。ファッションもありますね」
と言うことで、GQはファッションコーナーに移動を果たしたのであった

これでいいのか、店長さん


なんやかんやとありますが、今月はどれも不作
欲しい雑誌がひとつもない
困った
困り果てたけど、やはり日頃お世話になっている書店なので、何か買って貢献せねばと思い、うっかり買ってしまったUOMO

なんで買ったんだ、あたし

画像が欲しいモデルもおらんのに買ってしまったUOMO
何をどうすればよいのやら
とりあえず捲ってみて、何ページかスキャンすることに

今月はおざなりな更新で大変申し訳ない


Adam Senn
踏まれてないアダムさんを見ると緊張してしまうのは、何故だろう
好みではないけど、この人の口唇は男の人にしてはセクシーだなぁと思う
昔は好きじゃなかったけど^^;(口唇)

Maximiliano Patane
可愛らしい顔立ちだとは思うけど、毛が暴れん坊なのでイマイチ好きになれない
それ以前に、マキシ(プライベートの仲間内では『マックス』と呼ばれている模様)の名前を今だカンニングなしで打てた自分に感動した
些細なことだけど、重要(そうか?

『今月のアベちゃん』は、画像の影があまりにも濃すぎるため、スキャンを断念
アベちゃん自身は素晴らしい写りなだけに、残念極まりない
集英社よ
わたしは、『逆光のような写りは、好かん』
肝に銘じてくれ(←偉そう

買ってしまったから、やらねばならない


いつぞやのガブリエル・オーブリーのようだ
しかし、今月もおっちゃんの写りは少ない
淋しい限りだ
淋しいので、以前買っておいた雑誌からスキャンしているおっちゃんを貼ってみる



しまった
何の慰めにもなってない


最近、いつどこで身元が割れるかわからない状況なため、自由に書店を動き回ることもできません(汗
[PR]
by haruhi-style | 2007-05-24 13:13 | Magazine
もう少しで枯れそうでした
約1ヶ月ぐらいモデル離れしてしまったため、モデルに対する情熱が少し翳っておりました
国内雑誌も今は目立つものも発売されてなくて、23、24日までは暇です

時々チェックしてる海外雑誌の卸しのサイトで、UKデイズドが入荷したのを知り、自転車漕いで行って来ました

つい最近、ロックたん・アンドリー・クリスチャンの画像が代理店で更新されていたので、ワクワクしながら行ったのですが、どれも全員アウトでした
中々見付かりませんけど、それでもクリスチャンは国内デイズドで見付けたし(なんやかんやで3冊買ってしまった・・)、アンドリーもようやく画像(雑誌)をゲットできて、あの時の嬉しい気持ちは未だに忘れられない
残るはロックたんなんだけど、今日本に来てるからと言う安心感からか、見付からないのに「高い海外雑誌を買うよりも、安い国内雑誌を大人買いした方が幸せかも」と開き直れるまでになりました
すごいぞ、あたし!(え、そうか?


海外雑誌専門店で、先ずはファッション誌をめくる
いつものお決まりの場所を陣取って、客もいない店内でゆっくりと眺めておりました
ドイツだったかどこだったか忘れてしまいましたが、日本で言えば通販ショップのカタログみたいな雑誌がありまして、そこになんとお気に入りモデルであるラース・ウェイデマンを発見!
しかし、如何せんカタログらしきものなので買ったところで使い道もなく、ろくな写り方でもないし、小さいし、顔も俯いてるし、何より価格が2700円

こんなものにそんな大金つぎ込めるか
そう思ったので、立ち読みで終了
そのカタログらしき雑誌にはベルギーのヒューゴもおりました
彼とはマイスペで繋がっているので、なんとなく一方的な親近感を感じておりますが、価格が2700円

買う気の起きないものにそんな大金、つぎ込めるか。と、躊躇なく元あった場所へ
まぁ、1700円なら買うかも知れない
いや、やっぱりがんばっても1200円かな

日本では、カタログは大抵タダだ
マルイは販売方式だけど
カタログに金を出せるか

そんなわけで、買いませんでした
しかし、欲しい雑誌が何もないのに30分掛けて自転車漕いでがんばって来たのに、手ぶらで帰るのは悲しい
他のコーナーも回って、海外GQがあったのでめくってみました
イタリアGQで、久し振りにケヴィン(Kevin Flamme)発見
相変わらずヘルメットみたいな頭だ。とか思い浮べる
(顔立ちは飛び抜けて可愛いのだけど・・)
次にUK版を見てみた
「お~!」と言いたいモデルが出てたので、一旦雑誌を書棚に戻し、他の店にレッツゴー
そこは販売価格が高いので、他の激安ショップに行くのが常なのです

あったら良いなー
なかったら諦めようと気軽に考えていたけれど、幸運なことに1冊だけ残ってましたので、即購入



ジェロームがいっぱい(2ページしかないけど)

「おー、懐かしいなぁ」と、去年来日していた彼を懐かしむ
日本ではさほどたくさんの雑誌に出て来たわけではなけれど、出て来た雑誌のどれも可愛い顔をしていた

ほぼオッサンの年齢なのだけど、卑怯なくらい可愛い顔してるんだよなぁ・・


他には


アーロンはポパイでも笑顔に失敗していた



一瞬どこのチンピラだよ・・・と焦ったら、マークだった(汗

彼は綺麗な顔をしてるのに、日本に来た時ろくな仕事をしてなかったし、雑誌にもあんまり出て来なかった
かなり期待してたのに、なんだか裏切られたような感じ
しかもUKなのに撮影地は日本(東京)
UKから態々撮影隊が来たんだろうか
なんか、ようわかりません

それにしても、脚が長いのに感動したのと、店明けにパチ屋に寄ったホストみたいで、マークがちょっと怖いです



綺麗な顔立ちのジェロームには、感動しっぱなしです
画像を何に使うか考えてませんが・・


余計なことですが
アーロンは無理して笑うより、普通にしてる方が男前です

[PR]
by haruhi-style | 2007-05-21 14:53 | Magazine
彼の身に何が起きたというのだろうか・・!次回に続く(はずもない

先月のモデルが、素晴らしかった
2年前のディエを髣髴とさせる横顔が素敵だったので2冊買ってしまった
しかし家に戻り代理店で見た彼は、『あぁ、買わなきゃ良かった・・』とガッカリさせられるものだった

すっかり騙されたぜ、ちくしょー

とは言え、どのページも素晴らしかったので折を見て何かに加工したいとは思ってます
いつになるかサッパリわかりませんが、人生見切り発車は結構得意です
自慢にゃなりませんが・・


今月はいかがなものかと、入荷を知らせてくれたお店に行きました


受け取ってビックリしました





なんじゃこりゃぁー(故・松田 優作風のファルセット


思わずお店の人に「なんじゃこりゃぁー」と言ってしまったわたし
「今月は中身やばいのか?」と青褪める
去年もカバー入りだった当月号は、中身もひどかった
チン○ばっかりだった
今月もそうなのかと、ガックリする
男性モデルは好きだけど、○ンコは別に好きじゃない
見なくて済むなら見たくない方なので、例えゲイ雑誌でもやっぱり重要なのは中に出ているモデル
自宅に戻りカバーを外すと


Dimitri V

なにやっとんじゃー(ややファルセット気味

まさかディミトリがこんなことするなんて、想像もしてなかったよ・・
中を開いて、更に驚愕の画像



何やっとんじゃ・・_| ̄|○

いくらモデルとは言え、こんなことまでさせて良いのか
ビキニラインが綺麗だったら良かったんですけどねぇ・・(結構広範囲で毛が生えてます
ディミトリにビックリさせられたけど、こんなことさせられるのはやはり


10Menのこれが評判良かったんだろうか

2冊買おうかと思ったけど、使い道がないのでやめました


何に使えばいいの?
誰か教えて

前回のカバー入りはモデルらしいモデルも出て来なくて、金返せ。ってヤツでしたが、今回はモデルがちゃんと出てました
どれも使い道に困るものばかりですが
そんな中で

タッカーさん発見

あんたもか・・

タッカーさんはイングランド人だからUKの雑誌には多く出て来るのも不思議ではないけど、ディミトリ同様やっぱり10Menのご開脚が気に入られたのだろうか


さすが10Men
+10(issue)は買わなかったけど

悩ましいディミトリの最新画像も手に入ったし

(使い道に困るけど)


オイゲンも居たし

明日は、今日買って来たスペインの雑誌でもがんばってスキャンしようかと思ってます
目ぼしいモデルは居ませんが、高い分いいショットがたくさんありました
元を取らねば
(どう取れば良いのかわからないけど)
[PR]
by haruhi-style | 2007-05-10 13:45 | Magazine
華やかだけど、なんとなく地味な月初め
毎月の楽しみは、やはり10日から始まります
定期購読の場合は、8日から始まります

新居に定期購読の雑誌が届きました
ドキドキして中を開くと


Soren Hansen
ゾーレンが表紙でした

かっこよく撮れてて感動さえします
ただしかっこいいゾーレンは2Pだけ
今月は表紙の別撮りが間に合わなかったようで、中の記事写真を引用されてました


がんばってスキャンしました
古いパソコンでスキャンを実行すると、メインマシンの2倍は掛かりました
時間、掛かり過ぎです

メインマシンではないので、手元にあっても滅多に起動させません
それにセカンドマシンはモニタがブラウン管方式(19インチ)なので、3年馴れ親しんだものでも1年半使ってる液晶モニタ(21インチ)の方がフラットなので見やすい
ブラウン管モニタは画面が湾曲してるので臨場感がありすぎて目が痛い
しかも発色がいいので余計目につらい

そんなこんなで普段の娯楽はやはりテレビゲーム
しばらく投げていた三国無双4猛将伝の立志(記憶違いでずっと『立身』と書いてました)モードをプレイ
甘寧の武器の特性も身に付き、チャージコンボ等でなんとか苦難を乗り越え、ステージを進めることができました
関羽が出て来るステージで、将軍(甘寧)はいつも遠回りして時間が掛かるので、ショートカットで単独行動をして、敵将(劉備)を撃破しました

甘寧にものすっごぉ怒られました・・

ゲームとは言え、敬愛なる将軍(甘寧)に『(単独行動したので)他所に行っちまえ!』と目玉を食らってしょんぼりして、そんな時に敵軍武将の張飛から引き抜きの密書が届いて、怒られたけど将軍マイラブなので破り捨てたら周瑜に見付かって、敵軍に潜り込めと言われ、泣く泣く将軍から離れる
だけど呉軍に戻ったら、また将軍の元で働けると信じ計略を進めて、1ステージとは言え可愛がってくれた張飛を裏切るのは心苦しかった

ライフが減っても、肉も肉まんもくれなかったけど
(回復は敵将倒して自力でやった・・)

かくして下っ端兵卒の分際で大役を果たし、無事呉軍に帰還できた
けど、上官は周瑜のままだった_| ̄|○

しょんぼりしながら横を通り過ぎる元上官・甘寧の背中を眺めつつ、コツコツステージを進めると、今度はりっくんから『埋伏の計』とやらをやってくれと頼まれる
あぁ、また上官から離れるのか・・と思ったけど、今の上司は周瑜だからどうでもいい
快く埋伏とやらを遂行
今度の上司は魏の惇兄だった

ところが、伏兵の居る場所まで連れて来なきゃならないのに、中々来ない惇兄

しょうがないので呉軍を倒してスペース作って惇兄誘導

計略がうまく運んで、今度の上司はりっくんだった


なんか納得できないままステージをクリアして、エディットは登録された
モーションはりっくん

コツがわかって嬉しいのか、引き続き立志モードでプレイ
今度も上官は甘寧

甘寧大好きやね

うん

だって、簡単に肉くれるもん

しかし何度目かの立志モードでアンビリーバボーなことが

上官・甘寧
副将・マイエディットキャラ&りっくん


なんでりっくんがこんなとこに?と不思議に思っていると、そう言うことでした
こんな贅沢な軍隊、絶対無いわ
あまりの嬉しさに、ゲーム途中なのに携帯カメラで写真撮りまくり
ほんま、アホやねあたし



以前教えてもらったHUGO BOSSのフレグランスの広告
ようやく見ました
ジョナサン、腕太っ・・



既に帰国してしまったアンドレイ
代理店で見た画像と全く同じ顔だったので、ある意味感動した
他にもカワイイ系のモデルが出てました



雑誌が手元にないので勘違いかも知れませんが、ドイツ人モデル
儚げ~な雰囲気がします
そこの代理店は最近良いモデルを揃え始めました
前までは有名なとこでレオンかユーグくらいしか居なかったけど

忘れちゃいけない
熱狂的ファンを持つ全てが危うい雰囲気のジェラも居た
それ以外では特筆するモデルも少なかったのですが、この2~3ヶ月の間に日本の雑誌に出て来るNINEのモデルってほとんどが「おー」と思えるくらい可愛い感じのするモデルばっかりです
がんばってるなぁ、NINEのボスは



このモデルもNINEのモデルだったと思います
スキャンした画像はCDに焼き付けたけど、雑誌は新居に置いたままなので今は確認ができません
間違えてたらこっそり修正しますので、そっとしててください(笑
今月はこのモデルが気に入りました
今後たくさんの雑誌に出て来そうな雰囲気がします
目指せ第二のレオン!(←NINEでは一番人気のモデル


『コレクションの申し子』
かつてわたしは彼を、そう紹介しました
と言うのも、数多くのコレクションで彼を見るからです
よほど多くのデザイナーに気に入られているのだろう
若年層向け(ロック魂を感じさせるデザイナーのコレクションは論外)ブランドのコレクションには必ず出て来る
しかし悲しいかな彼は、日本での知名度はまだまだらしく

ルーカス・マスカリーニ
なんか、こじんまりとしてました

海外ではかなり有名なモデルだし人気もあると思ったんですが、日本ではまだまだのようでした
ちょっと残念です

しかもエクササイズマガジンで



やや貧弱な体を披露
かなり残念です


最近思うのですが、海外から送られて来る厚かましい内容のメールには慣れていますが、コメントにそれを残す人は居ませんでした
しかし日本人で『何かよこせ』と言うものではないけれど、かなり不躾なコメントを書く人が目立ち始めました
そう言った人を招き寄せてしまうのはわたし自身に問題があるのかも知れませんが、如何せんわたしは短気なもので、無礼な文章を書く人にはカチンと来ます
そう言ったものを書くのは(※)一見さんばかりなので、人を気遣うことはやめます

気分が悪いものは予告なく削除します

自分が逆の立場なら、知らない人に『この人は何人ですかね?』と、”初めまして”の挨拶もなく行き成り土足で上がり込むような行為をされ、あしらった答えに”ワロス”と日本語ではない、2chで横行した言葉を使うコメントを書かれると、どう思うのか考えないのでしょうか
わたしは殺したくなります

常連さんは問題ありません
気心が知れてるので今までカチンと来たことはありませんし、逆に面白いと感じることの方が多いです
しかし最近の日本人は本当に、厚かましいフランス人ですら脱帽するような、そんな最悪な人が多いです
このまま軽くムカつくコメントが載せられ続けるのであれば、他社ブログサイトに引越しを検討せねばなりません
最悪の場合パスワードを施さなくてはならないかもです

「何様だ?」と思うでしょう
そしたらわたしは、こう答えます

「管理人さまだ」


日本の迷走はRapreu共々、今後も続きそうです


(※)一見
旅館や料亭などで、なじみでなく初めてであること。また、その人。
「―の客」「―さん」

三省堂辞書より引用


色々落ち込むことが多いけど、そんな時はこれを見て笑おう(と、自分に言い聞かせる)

義レンジャイ不義レンジャイ

不義レンジャイの最後の左近は普通に蛇足だと思うけど・・
[PR]
by haruhi-style | 2007-05-08 18:18 | Magazine
Please be dignified.
I can rarely use the internet to 5/12.
If there is a question by a model and a picture, please make a comment in Rapture, not a E-mail.
Even if it's sent to the E-mail and MySpace, an answer becomes slow.


Even if you're a model, the handling is same as other people.
Please comment openly.

Sneaking is hated.


5/12までネットができません
暇です
雑誌も月初めの雑誌は軒並みアウトで、ロックたんの来日が待ち遠しいです

あぁ、早くロックたん祭りがしたい・・・


今日は自転車でいける距離の心斎橋に行って来ました
雑誌はどれもアウトでした
お金が浮いて嬉しい反面、かなり淋しい
立ち読みした海外雑誌で、決定打に欠けるため買わなかったものが一冊
出てる(男性)モデルのほとんどが顔を知ってるモデル
でも、決定打に欠けるので買いませんでした

だって7000円オーバーするんだもん(涙

出てたモデルが、「これは間違いない」で自信あるのが

フィリップ

ただし、ヘソ毛は綺麗に剃られていた(笑



去年日本に来たけどほとんど雑誌に出て来なかったアンドリュー
この人もヘソ毛がギャランドゥ


で、モデルの名前が

↑のスコットなんだけど、どう見ても

↑のアレックスなんだけど・・・

雑誌の名前は忘れてしまいました
高額の雑誌です
ご存知の方、コメントください



最近、コーエー発『三国無双4』の甘寧を(ゲームで)ストーキングしております
りっくんと甘寧のネオロマンスを(脳内)発生させたかったのに、ふたりはあまりにも素っ気ない
代わりに甘寧と凌統がネオロマンス寸前
地味すぎる・・
凌統は甘寧と絡むシーンが多いので、凌統ばっかり使ってました
甘寧がなかなかイベントに出て来ないので、態と死に掛けて助けてもらおうと思ったのにやっぱり出て来なくて、しょうがないから回復して敵本拠地に乗り込んだら出て来ました
そんなこんなで甘寧ばっかり追い駆けてたら、すっかり甘寧に惚れてしまいました
甘寧伝のエンディングの甘寧の横顔は絶品です
(ついでに乳首も)
ただしコーエーデザインの甘寧に限る
飽きもせず凌統で甘寧を追い掛け回し、意味もなく隣に並んで話し掛けてもらうのを待ってたり
『猛将伝』ではとうとう甘寧の配下(立身モード)になりました
死にそうになったら「これでも食って、気合入れろ」とライフ400回復の肉をポンと出してくれます
敵のド真ん中で投げ出されるので、食いたくても食えません(涙
自分のライフが減ったら「腹減ったな。ちょっと休もうか」と、敵のド真ん中で休憩してます
(セリフはうろ覚え)

うちの将軍、わけわかりません(涙

敵を深追いして甘寧から離れると、怒られます
ちょっと萌えました(汗
今日は立身モードでライフバーの色がわからなくなるくらい呂布に死ぬほど追い掛け回されました
赤の色が見えなくなるくらい切れて、臨終を体感しました
ヤツの触角切りたいです

で、うちの将軍から同じ武器(甘寧の武器)をプレゼントしてもらい、槍使いで育てようとしたのにいきなり甲牙刀(多分)に鞍替えしました

アクションゲームの下手なわたしには難しいけど、甘将軍に誉めてもらいたさに一生懸命将軍の側を文字通り必死で走ってます
ステージ2終了後、甘寧に「ちょっとツラ貸せ」といわれ、マジでドキドキしました(笑

モデルの更新ができないので、明日(更新できたら)甘寧を熱く切なく語りたいです

誰も興味ないでしょうがそんなこと重々承知です

あ~~~~~~~~
スクリーンショットしたい(甘寧を)
[PR]
by haruhi-style | 2007-05-03 21:03 | Magazine
”漁師”と書いて”ビーチ・ボーイ”と読む
海外では漁師のことを『ビーチ・ボーイ』と言うのだそうだ


ボーイ [boy]

(1) 1 少年。男の子。年若い男。多く他の外来語と複合して用いられる。

「カウ-―」「プレー-―」「モダン-―」

(2) 0 給仕。男の給仕人。ウエーター。

powered by三省堂




ナイスなモデルばかりがゾロゾロ出ていたため、解体用と保存用を買ってしまったヴォーグ・インターナショナル
「もっ、もしやロックたん?!」
と驚くページもあったし、他にも「え~~?!」と言わされるモデルが何人も出てました

Andrew Smith
アンドリュー・スミスや

Karl Lindman
カール・リンドマンや(編集、失敗した・・

Owen Steuart
オーウェン・スチュアートとか様々

他にも一目惚れしそうなモデルが何人も居て、買って損のない雑誌でした
そう言うのは久し振りだったので、モデル好きとしては嬉しいです

そんな嬉しい雑誌に、オッチャンが「これでもか!」と言うくらい出てました



「誰かオレを止めれるものなら止めてみろッ!」
そんな勢いを感じるほど
オッチャンの出てるスペースが12ページ
がんばって全部スキャンしてるどね
全部載せる元気はないよ

おっちゃんを見ていると、やたら芝刈り機を持ち出したくなるんですけど、それはわたしの幻覚でしょうか
生憎うちには芝刈り機はありませんけど



漁師ビーチ・ボーイなオッチャンは、半分が服を着ていて(しかも何気にダサいTシャツとかタンクトップばっかり)、半分が上半身裸
10代の若いモデルなら嬉しいけど・・
オッチャンは、あんまり嬉しくない・・



しかし、普通にカット・ソー着てるオッチャンもネタにはならないからって言う理由で、裸の画像ばっかりアップするわたしもわたしだな



オッチャンの裸が6枚あって、後2枚アップ用に編集しているのだけど、なんかもう、「これで充分か・・」て言うか、「めんどくさい」てゆうか、「だるい」ってゆうか、なんて言えば良いのかわからないけど、もう中断したい気分なのは確かです

このオッチャンは嫌いではないけど、だからと言って好きでもなくて



なんで「オッチャン特集をしよう」なんて思いついたのか、自分でも謎
面白おかしく書こうって気にもならなくなってしまった
もうねぇ、引越し作業がやっと一段落して、世間ではGW突入で、休み明け辺りにはロックたんが来そうで、ワクワクしてるこの時期に何が悲しゅうてオッチャン特集・・_| ̄|○


30間近でこんなことやってるのなんて、世界広しと言えどもオッチャンぐらいなもんだよ・・
てゆうか、腕長っ
キモッ
(↑悪口じゃないですよ~。おっちゃんの人格の素晴らしさは知ってますよ~)

一応カット・ソー着てるものも編集しましたが



ワイルド・ライフな人が服着てるようで、ものすっごく違和感(苦笑

オッチャンに愛のこもった痛い発言が何一つできませんで、申し訳ございません
元より愛がないため(親しみはありますが)面白くともなんともありませんね・・

ここの画像使って、どなたか面白おかしくオッチャン特集をやってください
(画像の直リンクオッケーです)
で、面白く書けたら知らせてください

バトンですか?
バトンでしょうか?
どうでもいいですか?
すみません


この、12ページにも及ぶ特集がロックたんだったら

半日掛けて丁寧に記事にしますが、何か問題でも?
[PR]
by haruhi-style | 2007-04-29 11:23 | Magazine
スキャンしてる暇ないのに、ついついやっちゃうんだよねぇ
何とか雑誌の運び出しは終わりました
しかし、次の引越し先の住人は、小言が多そうです
たまらんのぅ・・

雑誌の運搬だけで2日を要し、明日はいよいよ衣類・家具の運搬です
こっちの方はさすがに業者に頼みますが、まだ荷造りできてねぇ・・
これで良いのか、あたし
明日は朝の9時に業者が来ます
早すぎだろ
時間を自分で選べない悲しさ

今度はアート引○センターとか一流の業者に頼めるような、そんな立派な人間に出世したい


雑誌の運搬なんて簡単だろー
なんて思ってたんですが、2005年の夏から買い始め、海外雑誌とかも買って、ストック用とか保存用とかまで買ってたりして、その膨大な量に
「次の住居、底が抜けたらどうしよう・・」とか、不安になりました
(ボロではないけど、築が古いのよ・・)
しかしまー残ってるのは、なんやかんやで壊れて困るようなものではないので、荷造りとか梱包とか雑になってます

そう
あたしにとって大事なのは雑誌パソコンスキャナー
三種の神器
これだけは大事に大事に運びたいのよ~~~

で、新居にパソコン運んでクラッシュしてたら泣くぞ


更新をしたいのですが、スキャンしてる暇がありません
既にスキャンしている


おっちゃんを5人ぐらい呼びたい気分です
荷造り手伝って欲しいです
自給は出せませんが(交通費も出せないが)、サービスします
この黄金の指で、いかせてあ・げ・る♡

指圧の心は母心~~
はーっ

ポキッ

すみません
頚椎、折ってしまいました


さて
引越しの忙しいこんな時に、定期購読しているattitudeが入荷しやがりました
引き取りに行きました
別に後からでも良かったのに、気が付けば地下鉄に乗ってました
これぞ性
(「せい」じゃないぞ)

すっかりミディアム・マッチョになっていたディエを直視した悲しさから、それに似た雰囲気のモデルについつい惹かれてしまう

Winton
なんだか2年前のディエに似た感じだな~・・と、懐かしくてついつい大人買いしてしまいました
しかしこの通りインターネットに入れる時間が限られているため、このモデルの居る代理店を覗きに行く暇すらなくて、今日になってようやく代理店で彼を見て来ました


おぅ、良い感じだねー
口唇のぷっくり感はディエには遠く及ばないが
でも、可愛いんじゃないか?と思った

のだが


ごめん
あたしこの手の眉毛、好みじゃないんだわ
[PR]
by haruhi-style | 2007-04-12 19:08 | Magazine