- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
素顔のモデル達
画像へのリンクができてなかったので修正しました

Thank you,May!!
There is no day it was thought that loved you today!!


ロックたんの更新、やってないかしら。と、海外掲示板を開きました
ロックたんのスレが上がってました
覗いてみました

シャウト
絶叫
どちらとも取れない出来事がありました
こんな素晴らしく、そして途方もないスケールのサイトに出会いました

Ivy
Favorite/ディエ追加しました

ディエデリック・ヴァン・ダー・リー

Sorry..
Many persons whom a model likes are also in Japan.
Since he wants to show this wonderful picture as those people, only this cannot be deleted.
If you please, please understand.


画面をクリックしていただければ、オリジナルサイズを別窓で見ることができます


わたしの愛する、素顔のモデル達
お気に入りでも、お気に入りでなくとも、わたしは彼らに枠を嵌めるつもりはありません
全ての愛しいモデル達の素顔、見てください
今日のメイン記事の画像はメイが教えてくれたサイトにありました
ここにあるのは、ほんの一部です


Alex de Brabant&Lars Swenson(Lars H)
アレックスさん(左画像・左)にこんな表情ができるなんて、想ってもみなかった
素顔のアレックスさんはやはり、どこにもでいそうな、気さくなカナダの青年でした
作り笑顔よりもずっと、輝いて見えます
名前の載っている画像が同じページにあったので探したら、なんと!
撮影地は東京でした!!
夜の六本木(と決め付けてる)でハメ外してたのね、二人・・



Left・Boyd Holbrook/Right・Jake Boyl
ボイド(左端・ブロンド)
やっぱり、笑顔がステキなモデルさんでした
自分の認識不足が恥ずかしいです
画面右が、ジェイク・ボイル(腕にタトゥー)
モデルを引退しても、彼のファンはまだまだ大勢居ます
正にカリスマ・モデルです



Konrad Junikiewicz
画面右側下・コンラッド
彼は素顔はいつも、こんなお茶目さんなようです
可愛いですね



Sven Schumann
画面右・スヴァン
コレクションやモデリングの時、例えバックステージでも崩した顔など見せないモデルです
そんなスヴァンの素顔
とてもステキです

(サイト名を削除させていただきました。やんごとなき諸事情のためとご理解ください)
ここには、仮面を脱いだモデルが大勢居ます
モデル好きの方は、ぜひどうぞ
モデル好きでない方は、尚更に
ツンと澄まして、綺麗な顔しか見せないモデルの素顔がどれだけ素晴らしいものか、ご覧になってください
見て損はしません
見ない方が遥かに損です



Thomas Ianson/Dan Kipatrick?&Christopher Fagerli
画面左トーマス
画面右・左ダン、右クリストファー
トーマスはわたしの中でも「イロモノモデル」として存在します
コミカルな表情から、滑稽な姿、そして胸を突き刺すような切ないほど美しい顔をするモデルです
そんなトーマスの、まるで悪戯盛りの子供のような表情
これを撮影したのはカメラマンさんでしょうか
まるでモデル達が友達に接するような
本当に、素顔を晒せるだけの素晴らしい人間であることが伺えます



なんとモデル達の、東京に居る風景までありました
残念なことにわたしの住んでいる地域ではないので親近感を持つまではできませんが、日本で生まれ、育ち、そして、日本に住んでいることを少し自慢したい気分になりました
両サイドに座っている人達は、彼らがモデルだと言うことをご存知なのでしょうか
きっと、知らないと想います
それほどまでに彼らは、ありのままの自分を曝け出しているのです
きっと「外国のファンキーなにーちゃん」とか想ってるんでしょうね・・汗



Dominik Wojcik
ミラノの地下鉄に乗るドミニクの光景
なんだか「偶然乗り合わせた向かいの席に可愛い男の子が居たから思わず写真を撮った」な感じです
ドミニクも、ステキなモデルさんですね
これからもどんどん活躍して欲しいモデルさんの一人です



これもドミニクです



Thomas Ianson
トーマス
不意打ちに撮られた・・!って感じです
「ん?!」
そんな声が聴こえて来そう
可愛いです


もう一枚、トーマス
トーマスは愛されているのでしょうか
何故かこれ以外にもトーマスのショットが多かったです
もしかしたらトーマスが来日した際、お仕事で一緒されたカメラマンさんかも知れませんね



Sven Schumann
コレクションでの、バックステージでしょうか
どこにでも居る普通の青年のスヴァンが、モデル・スヴァンに変身する瞬間です



Sven Schumann
「何見てんだよ」
凄むスヴァン(画面左)
だけど可愛くて綺麗なスヴァン
素顔もやっぱり、可愛いです



The Collection
コレクションの一幕
ここで彼らは日々、闘っています
友達であるモデル達を相手に
仲間であるモデル達を相手に
ステージでは友も仲間もみな、敵です
だけど、降りてしまえばやはり、気の合う仲間・友達
同じ舞台で闘うからこそ、本心からの笑顔を見せられるのでしょうね
きっと
お気に入りもお気に入りでなくても、彼らは愛すべきモデルです



眠り呆けるこのモデルさん
名前はわかりませんが、なんとも言えない心安らかな寝顔
見ているこちらが、心和まされる一枚です



Konrad Junikiewicz
画面右奥、及び画面右・コンラッド
手前のモデルさんの名前、探してみようかしら・・
とってもステキな横顔
コンラッドはどこに行っても、素顔はこんな風
仕事のカメラの前では澄ましても、それを抜けるとまんま子供です



Left-Christoffer Fagerli/Right-Lars Swenson(Lars H)
画面左・クリストファー/画面右・ラース
ラースには2つの名前があります
なんで2つもあるのかわかりませんが、とにかく2つあります



Patrick Riley??
多分、パトリック・・
う~ん・・・
素顔過ぎてわかりません・・(苦笑



Dominic Brider
3年前来日したドミニコです(右、ブロンドのモデル)
その時のプライベートショットのようです
いやん・・
こんなに顔寄せて・・涙



Rooooooooooooooooooooooooc!!!
ロックたんを見たら、シャウトするのがクセになりました
しかし、それ以上のアンビリバボーなショットを見付けてしまいました




Torbjorn Larsson&Sebastien Inger

ウチの旦那&セバスティン!!

ネイビーのタンクトップがウチの旦那
白のシャツがセバスティン
この二人の2ショットが現実になるなんて・・!
自分でも信じられません
以前のブログで「見てみたい気もする」と書いたことはあるんですが、まさか本当にこの二人のショットが存在するなんて・・!
セバスティンと代わりたいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!(笑
もう、旦那に惚れ直しました
素顔もモデルの時もステキだから・・
(3年前のですけどね・・w)
こんなに顔寄せて、なに話してるのかしら・・っ
あぁん・・、間に入りたい・・!!
[PR]
by haruhi-style | 2006-02-09 15:10 | My Favorite Model