- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本って、法律に強いの?弱いの?
とりあえず、あたしは弱い
アホですから

昼過ぎだったか、コーヒーを淹れようとお湯を沸かしてた
水の量はマグカップ一杯分しか入れてないから、直ぐに沸いた
沸点に到達したところでガスコンロのつまみを回せば火は消える

あれれ、この人(わたし)ったらつまみじゃなくて元栓回しちゃったよ
火は消えましたけどね、さすがに「何してんだ、あたし」と、しばらく自分の行動に呆然としました
日頃の自分ンちに対する防災本能ってゆうんですか?そう言うのが著しいようです


失くして溜るか宝の山(雑誌とか本とかパソコンとか?)


『本能』ってのは結構地味な存在で、戦国時代で言えば堀秀政みたいなもん(結構好きなのよ、この人)
あったらあったで「人間も動物なんだなー」としみじみできる
一番有名なのが『防衛本能』じゃなかろうか
これが欠けると人間、傍目で見てるだけでも危なっかしいもんです
わたしは全身是トゲのような『防衛本能』のアンテナが張り巡らされております
こんな特殊なブログサイトを持ってる所為か、過剰なくらい神経質です、はい(たまに反省する)


その昔は、「外国人(特にアメリカ人)って、あつかましいなぁ~」なーんて思ってましたが、当時モデル愛好の交流相手って外国人しか居なかったんですよね(汗
日本人の方で交流と言っても、数ヶ月すればお互い足が向かなくなり、自然消滅
まるで遠距離なカップルのように、いつの間にかよそよそしくなるもんです
そうなる前にこちらから、あるいは相手から疎遠になったりするもんで、当時はどれだけ『これからもよろしく』なんて社交辞令を酌み交わしても、何れは「あれっきり見ないなー」なんてことにもなり、このブログを始める前はネトゲーなんかに手を出してたので、仲のいい人と疎遠になったりしても悲しいことに慣れっこで、心寂しくはあってもいつの間にか開いた穴が他の何かで塞がる場合もあります

今は石田三成で満たされてます、ありがとうございますネ

そんな個人的な話はそっちに置いといて、Yahoo!知恵袋にこのブログのURLが見ず知らずのどなたか様の手により「どでーん!」と貼り倒されております
発見したのが今月で、リンクして来た人の手によりこのブログページが荒らされる前になんとか削除してくれと何度も何度も(正確には5回ぐらい)お願いしているにも関わらず



あ、ごめん
個人名消し忘れた・・(汗


大手のブログサーバーって、良心的なとこは大抵、ページの一番下に「コピーライト」が付きます(Yahoo!は著作権をユーザーから剥奪。著作権放棄のサーバーも多数)
コピーライトは言わずもかな『著作権』のことですし、ブログが爆発的な人気を博している今、『知的財産』の一部に当てられるのも大抵の方はご存知ですよね
まぁ、ここのブログってエキサイトが著作権を握ってますけど、モデルブログを引っ越した先のサイトでは著作権はわたし個人に委ねられております
それがまぁ、普通なんですけど(エキサイトが普通じゃないのよ)
つまり、著作権を課したわたしが他の誰かの著作権を侵害した場合、その責任はコピーライトのあるわたしであって、ブログサーバーの運営会社じゃないってことくらいは、おバカなわたしにもわかるようなもので、ユーザーが犯した著作権侵害をここのエキサイトはユーザーから剥奪する代わりに自分が全部引っかぶってくれるそうですよ(そうは書いてないけど、ユーザーから著作権を剥奪しているのは事実)
さぁ!
ジャニタレファンのみなさん!
ジャニタレの画像を貼り倒せ!!!

てのは、冗談ですが

どんな些細なものにも、著作権っつー、目には見えない厄介なものがまとわり付いて、ぶっちゃけうちみたいに雑誌の切抜きだろうが無断で貼ったら著作権侵害と言われても仕方がないんですよ
でもね、法律にはちゃぁんと抜け道っつーもんがあって、雑誌のコピーライトのとこにもんな風なものを書いてるのを見たことありません?

「雑誌に掲載している商品、写真などを無断で商用に使うことは著作権の侵害で云々」

はい、そう
うちは商用のサイトじゃございませ~ん
完全無欠の個人趣味のサイトですので、雑誌の切抜きで金銭の遣り取りをしたことはございませんことよ、オーホホホホホ!
ですので、ぶっちゃけ業界の人が見たって、今まで一度もお咎めは来ませんでした、えっへんぷい!
それはねー(と、口調を変えてみようか)、商売目的で使ってるんじゃなくて、純粋にモデルを楽しみたくてやってたんですねぇ
しかしねぇ、そのモデル本人(当時一番のお気に入りだった人)があれまぁ、とーんでもない行動してるのが伝わりましてねぇ、幻滅したんでございますのよ
嫌いになったんじゃござんせん
ただ、プライドっつーもんを失ってて、それが悲しかったんでござんす(どこの人間だよ)
使うにしても、国内雑誌は結構少ないし、殆どが海外雑誌だから苦情も来なかったのかも知れない・・
海外は日本以上に著作権には厳しいけど、『有名人』の画像とかに関しては、パパラッチしない以外は雑誌の切抜きとか使うのは、ある程度自由なんですよね
「あらまー、タダで宣伝してくれてるわー」てなもんです
懐が広いっすわ
(あたしは狭いっす)
ちょっとキーボード打つ指の速度が速すぎて、入力が追い付かないっすわ
さっきから誤字脱字のオンパレードでとほほ気分

本題に入ります(やっとかよ)

個人で運営しているブログサイトだって、著作権圏内だとばっかり思ってました
ですので、知恵袋から来た、うちのブログサイトの趣旨をわからんドアホウ共に荒らされるのが怖くて(過去に居たね、居たね)、そうなる前に何とか解決せねばとがんばりましたが、結果は惨敗ですわ
はい、関ヶ原の三成さんの心境がよぉ~くわかりました

死ねクソがっ!!

昨日、バイオハザード(映画)を見てました
あの現場に戦国武将達が居たら、全員生き残ってるだろなーと思いました
血飛沫はおろか、贓物飛び出しだって見慣れた人達ですもん
憧れるわ~、戦国武将
今、特に好きなのが掘秀政ですの
とりあえず先日注文した森長可の歴史小説届きました
弟の後世『森蘭丸』で有名になった森成利の方が美男に書かれてましたけどね、ぶっちゃけ森蘭丸も真田幸村(史実の名は真田信繁)も講談の中で美化された人物でっさかい、実際の戦地で活躍した武将には叶わないっすよ(真田信繁は戦歴が少ない)

臨界状態の朝鮮(今の韓国辺りかな?)で颯爽と陣頭指揮取った三成さんは、戦上手じゃ~~~い!!(脱線)

あ、そうそう
知恵袋ね・・・
何をしても、うちのブログサイトをリンクした個所の削除を認めてくれなかったっす(涙
別に全部を削除しろっていってんじゃないんですよ
その部分だけ、行数で言えば2行ですよ
それを削除してくれって何度頼んでも、ほぼ門前払い
あれまー
それで、「男前の画像の記事を当てにしてるのに、くだらない内容のものばっかりでクソ詰まらん」とかって書かれて、血の気の多い「ケンカ上等!ぶっ殺す!!」主義のわたしがまたブチ切れて頭の血管が切れたらどうするんですか

どうもしませんか・・・

2年前は「外国人って厚かましいわー」なんて思ってましたが、当時のモデル愛好の交流相手が外交人しか居なかったってのが一番なんですけど、今じゃ日本人の方がなまじ言葉が通じる分厚かましいこと言ってきますわ
交流もないのにいきなり『画像送れ』だとか、『雑誌の名前教えろ』だとか、『モデルの代理店教えろ』だとか
それだけを考えたら、まだ外交人の方が礼儀正しいですよ
メールなりコメントなり、最初に先ずここを誉めてくれますからね
西洋文化に東洋文化が負ける理由がここにあるますか
礼に始まって礼に終わるなんてのは、今は昔の話でございましょうか
ここをリンクするにしても、外国の人は無断じゃやんなかったですよ
今は知らんけど
最初にメールが来て、「わたしのサイト(ブログ)にリンクしても良いですか?」って
「わたしの個人的なリンクなので、迷惑は掛けません」って
モデル好きなら誰もが知るところだろう巨大掲示板の管理人が、腰を低くしてメールして来たんですよ
信じられますぅ~?
わたしは信じられなかったけど、当時は個人的に付き合いがあったから「一々断らなくて良いよ」と、こちらも軽く承諾しましたが
でも、一度も言葉をネット上でも交わしたことがないのなら、尚更最初に断りを入れるもんじゃないですか?
あたしの頭が古いのか?
すまんかった


余談になってしまいますが、うちのブログサイトに貼ってる画像って、大抵はここのURLやらブログのサイト名やら貼ってますが、これには意味があります
どこまでが法律の範疇外なのかわからないため、ここの画像が流出して、もしどこかで『勝手に画像使われてる!』と怒る雑誌会社やらモデル本人やらが居た場合、流出先がうちであることを明確にするために、貼ってます
かっこいい言い方すれば、「責任は自分で持つ!」ってことです
今のところモデルからも雑誌会社からもゲーム会社からもクレームは来てないのが幸いです(代わりに「画像送れ」は結構来ましたが・・涙)


と言うわけで、Yahooに直談判して玉砕したので、次は親会社であるソフトバンクに問い合わせしましたが、それに対する返事・処置があるかないかは、神のみぞ知るところ
結論から言って、ありんこがどれだけがんばっても、象は倒せないってことっすね(死に掛けの象なら倒せるかも知れんが)
[PR]
by haruhi-style | 2007-10-29 19:06 | Chat