- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
たまらんわ・・・
Yahoo!Japanさん
うちのブログサイトが勝手にリンクされてるページを見付けました
早く削除してください
お願いします


このRaptureは、自分の趣味で始めたブログです
宣伝活動も一切してないし、来るお客さんって海外の人が多いんですよね
だって、当時はこの日本でその存在すら広くは知られてなかった海外モデルについてだもの
ファッションに興味のある人は、今のスーパーモデル達が駆け出しの頃から知ってる人も多いだろうけど、今みたいなものじゃないと思うんですよね
別に自分が先駆者だなんて思ってません
わたしよりもっと以前にモデルに興味を持って、サイトを運営している人だって居ると思います
ただ、わたしが興味を持ち始めた頃は、日本のサイトではあんまり引っ掛からなかったんですよね
精々、「マークス・シェーケンバーグ」ぐらいかな、日本語のサイトで引っ掛かったモデルって
そう言う時代だったんですよね、このRaptureを開設した頃って
たった2年でここまで来たかーって感じです
自分もモデルサイトを運営していながら、世事に疎いのが災いして、今の日本でどれくらいのモデル専門サイトがあるのかわかりません
あんまり知りたくないってのが、本音かも知れない
なんていうか、自己をしっかり持てない性格だから、他でモデルサイトを見付けて、嫉妬心に駆られて心に黒いものが広がる瞬間ってのを感じたくないって言えば良いのか、自分の色を保ち続けたいと言うか、結局、自分の弱さが今日に至るのですが

宣伝活動はやってません
このブログの画面左にあるリンクも、お友達だけです
宣伝していないから、来るお客さんだって極僅かな数でした
開設した当初はね・・・

いつの間にかお客さんの数が3桁になって、そんなの自慢にはなりませんが、始めた時は1桁2桁だったんですよ
2桁だって10の位どまりで、それでも嬉しかったなぁー
宣伝なんかしてないのに、5人10人20人と、訪問客が増えたことが
きっと、検索して来てくれたんだなー・・って
多分その中には、探してるサイトとは中身が違うのに引っ掛かって、入った人も居るんだろうなとは、思います
たま~に、モデルのことなんかコメント残してもらったりして、天にも昇る気持ちだった
いつの間にか3桁に突入して、それでも宣伝なんかする気はなかった
自分の趣味で始めたことだから、モデルのパーソナルデータなんか載せる気がないから
モデルのプライベートなことは、あんまり書きたくない
そう思ってたから
雑誌のスキャンをメインにやってただけで、特にモデル情報なんかは重要な意味もないと、そう思ってました
お客さんの数が増えるのは嬉しいことだけど、弊害があるのも事実で・・・

純粋にモデルを楽しむだけじゃなく、異性として見ている人も居るようで、そう言ったコメントとかを載せられると、ものすごく落ち込みました
そんなコメントは、即削除してました
何度もモデルブログをやめようかとも思いました
その度に、周囲から「がんばって」と励まされ、自分と同じように純粋にモデルを楽しむ人も居るんだと再認識し、続けて来れました
だけど、続ければ続けるほど、自分が意図しない情報を寄せられたりします
例えばモデルの友達だとか、モデル本人からだとか
ただ、わたし個人としてはモデルと友達になりたいという気持ちはないので、交流などは持っておりません
そんなものを持つと後々面倒なことに巻き込まれるのは、経験済みですので
あくまで趣味として、モデルを愛でたいだけで、個人的に知り合いになりだとか、あるいはちょっと書けないような邪まな感情を持ったこともありません
実際、わたしが熱狂的にファンだったモデルのお友達さんから、そのモデルに逢わせてあげると申し出られたことがあります
本当に逢わせる気があったのかどうかわかりませんが、あまりにものわたしの熱中振りに感銘を受けたのだとか
でもわたしは、その申し出を断りました

逢えばがっくりする

そんな予感を持ったからです
事実その後、わたしはそのモデルさんに対する愛情が薄れました
日本での行動なんかが逐一伝わり、別世界に生きているけど彼らもただの人間であることは承知してますが、そう言った部分を知りたいわけではないのです
理想主義者と言われればそれまでですが、わたしとしては一歩引いた目で見ていたかったんですね
懐に飛び込むつもりは持っていません
ただ、雑誌や紙面なんかで見る、彼等の人間臭い部分と言うものを、何かの拍子に垣間見れる場所と言うのはたくさんありますし、他の人には感じないのに、自分だけはそう感じたという部分を発見するのも、楽しみの一つでした
例えばYouTubeやGoogleVideoなんかに投稿されている、モデルのファッションショーの裏側(バックステージと呼ぶ)に居る時の顔や態度を見ていると、大抵はそのモデルの気質だとか人間性だとかが見えるものです
見たくなくても、自然と見えて来ます

初めて日本に来た時は、まだ無名の彼でした
ファッションショー(コレクションと呼ぶ)でランウェイしてる顔とかを、専門サイトでたくさん見付けて狂喜乱舞した2年前
ガチガチの表情で、周囲の雰囲気に呑まれまいと健気に立ち振る舞ってる姿が、ものすごく可愛らしく、初々しかった
モデルにとっては、たった半年でも激動の流れを肌で感じるのが、この世界です
昨日までは無名だったのに、一日経つといきなりトップモデルに。という世界です
そんな世界に居るのだから、立ち振る舞いが変わってしまうのもわかるし、人間性が変わってしまうのもわかる
無関係なわたしから見て、モデルの世界は『狂気の世界』だと感じる
そんな世界で自分をしっかり保つことの難しさも、想像できる
でもね、わたしはそう言う、その人の性格だとか人間性だとか、そう言うの、正直言ってどうでもいいんですよ
雑誌に出てきた時の、表情とか、目の扱い方とか、体の動きだとか、そう言うのが楽しいんです
異性として、男の基準として、例えば汚い言葉を出せばセックスの対称だとか、そう言う目では見れないんです
ただ単純に、『目の保養』ですわ
目で楽しむのが好きなんですね、わたし
だからこのサイトも、そう言うニュアンスを持ってる人が集まってくれたら嬉しいなーとは、ずっと思ってました

個人名を出せば、その人に迷惑が掛かるかも知れないけど、お叱り覚悟で書かせてもらうとして、カナダのモデルさん、アレックスさんに惚れて、この世界に踏み込んだのが始まりです
綺麗な顔立ちで、非の打ち所がなくて、男性としても女性としても本当に、綺麗な顔をした人です
だけど知らない人だから、「いい人そうに見えて実は腹黒」なんて、自分勝手に想像してました
実際は、「いい人そうに見えて、本当にいい人だった」なんですけどね、アレックスさんは
別に個人的にメールを交わしたこともないし、逢ったわけでもないけど、なんていうか、そう言うのを一瞬でも感じることがありました
去年の話ですが
そこから、「モデルも一人の人間。善しも悪しきもある」と思えるようになったんです

このRaptureは、崩壊しました
もう、修正不可能です
今後、ここにモデルを扱うことはないと思います
それは、「コメントの認証制」が確立できていないこと
わたしが気付かなければ、不特定多数にそのコメントを晒すことになる
そんな出来事が、ここで起こりました

あるモデルへの愛情が冷め、そこからゲームの記事を好んで載せるようになった
そして、閲覧客からの、怒りのコメント
「くそつまらん」と書かれ、わたしとしては心外でした
「モデル専門ブログです」と宣伝しておいて、実際ゲームの記事ばっかり書いていたんなら、叱られても当然でしょう
しかしわたしは、先述の通り宣伝活動は一切やってません
ひどい言い方をするなら、「来たけりゃ来い。来たくなけりゃ来なくていい」考え方です
来る者拒まず去る者追わず
それに近いかもです
お客さんの意向をないがしろにしたことについては謝罪に値しますが、だけど日頃からコメントを載せて自分の意思表示をしているお客さんに「つまらん」と言われれば、平伏して謝りますが、普段来てるのか来てないのかわからない、ロムを続けていた人にそう言われると

「いっぺん死んで来い」

と、暴言を吐きたくなるのもわたしの気性で

以前、ミクシィの日記でしょうか、知らない人だと思いますが、うちのブログをリンクされてました
迷惑でした
わたしの、このブログサイト運営の趣旨や気持ちを知らずに、リンクから飛んで来る人に、わたしが作ったこの箱庭を踏み均されるのが怖かったからです
記事で訴えたら、ミクシィからのジャンプはなくなりました
勝手なことをするような人だけど、良識のあった人で良かったと胸を撫で下ろしました
わたしの落ち度ですが、「アンチリンクフリー」であることを意思表示しておけば良かったと後悔します
それでも、こんなブログサイト、さほど問題視されているとは思っていなかったので、「無断リンクは困ります」のようなことはどこにも載せず、いわば放ったらかしの状態でやってました

先日、自分でも珍しくアクセス解析を見ました
エキサイトブログに初めから付いているもので、ネームカードを貼ればアクセス解析を見ることができます
まぁ、NinjaとかFC2とかに見られるほどの詳しい情報は、なにもわからないのがエキサイト解析ですが
ただ、どこからリンクして来たかというのはあって、それを先日見ていたら、見慣れないURLがあって
それが、Yahoo!Japanが運営している、『Yahoo!知恵袋』でした
びっくりしました
また、心無い人たちが押し掛けて、このちっちゃなみすぼらしい箱庭を踏み付けられると懸念したからです
回答そのものはどうってことありませんが(書かれてることに一部誤りありだが、然したる問題はない)、添記としてうちのブログのURLが貼られてたんです
カスタマーサポートセンターにすぐさま連絡しました
検索で来るのと、リンクから来るのとでは、正直言ってお客さんの性質が違います
またゴタゴタに巻き込まれるのを嫌って対処しましたが、その知恵袋の対応が悪すぎる
いまだリンクは外されておりません

ちなみに、リンクされてるページはおっちゃんこと「アンドレス」さんの、「今月のアンドレくん特集」のページです
海外掲示板に画像が大量流出した、あのページです(笑
いやはやなんと言うか、楽して何かを得ようとするなよ、日本人(意味不明

と言うわけで、自己防衛のできないこのエキサイトブログには、モデルの画像は滅多なことでは貼りません
今後のモデルブログの運営は、引越し先のブログで続けていきたいと思ってます
無断リンクも、よしなに

長文だもんで、どこかに誤字・変換ミスがあるかもしれませんが、そちらの方もよしなに(逃げ口上発令!
[PR]
by haruhi-style | 2007-10-17 12:56 | Chat