- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ビバ!(゚∀゚)南米
よつばと! (1)
あずま きよひこ / / メディアワークス
スコア選択: ★★★★★

宣伝とかじゃないんですけど・・

昨日、海外雑誌のチェックのついでに、コミック売り場を見て回りました
いつも行く書店は、コミックでも気軽に読んでもらおうと、あえてビニールカバーをしていない、今時珍しいお店で、時間潰しなんかに利用させてもらってます
だけど基本的にあんまりまんがとか読まないので、立ち寄る頻度も低いんですが、そんな時に限って素晴らしいものと巡り会えます

『よつばと!』
タイトルを見た時点で、『よっぽど!』だと勘違いしていたわたし
「へ~。よっぽどな内容なんだぁ・・」
安直に、そう思った・・・
表紙を見る限りでは、見やすい絵柄なのでめくってみました
それから読んでみて、ささくれだった気持ちがすーっと引いて行くような、そんな不思議な感覚がしました
今でも何作品か、新刊が出たら買っているコミックはありますが、多分、わたしのこの短い人生の中で初めて、癒し系の作品に出会ったと思ってます
「天才じゃないか?」と思える作家さんは大勢居るけど、この『よつばと!』の作者さんは正真正銘天才だと感じました
登場人物達の会話が面倒くさくないし、回りくどくもないし、だけど肝心な部分を抜かした手抜き的会話でもないし、何より主人公の女の子・よつばの視点(子供の視点)がすごくリアルで、「そうそう、子供ってこんな感じ!」と、自分の周りに居る子供と比べても違和感がないです
立ち読みした上で、わたしはこの作品が気に入って買いました
何度読んでも飽きません
現在まで6巻が出ていますが、折を見て揃えたいと思ってます


香港のファッション雑誌・WE MENの最新号が出てました
香港は今では中国に返還されましたが、半世紀近くイングランド領だったのが理由で、アジアの中でも一番西洋に近い土地だからか、アジア圏にしては今回はとても珍しい表紙でした
美女が6人、裸(もちろん、部分的に隠しているけど)
みんなすごく綺麗で美人で、これがアジアン・ビューティーってヤツかぁ・・と、感動さえしました
更に、その時レジに立っていた店員さん(男性)が、ものすっごく丁寧に雑誌を扱ってくれたんです
袋に入れる時、大抵の店員さんて指先で雑誌を掴んで、雑誌に折れ線を入れて台無しにしてくれるんですが、この店員さんは雑誌の底面に手を添えて、掬い上げるようにして持ち、そっと袋に入れてくれました
ものすごく嬉しかったです
こんな風に雑誌を扱ってくれる店員さんは、初めてでした
大抵、扱いを先に言ってから袋に入れてもらうか、入れる瞬間を見ないようにしてましたけど、嬉しいを通り越して、ありがたかったです

その、ありがたい扱いをしてもらったWE MENに、ロムロが出ていた
Romulo Pires

「そう言えばこの人、ブラジル人なんだよなぁ。ブラジルって、結構スーパー・モデルとか、綺麗系のモデルが多いよなぁ(男性限定での発言)」
などと思ってしまったがために、こんなことしてみました
すみません


Vinicius Costa
フルネームはもっと長い


Romulo Pires
WE MENで何故VOGUE
そしてケイト・モス
意外にも寝顔が可愛いと思った
不覚


Thiago Mann
去年の春のランバン・オンブルーの広告になってて、一発で気に入って『お気に入り』に入れたんですけど、1年持たなかったです・・


Douglas Neitzke
なんとなくブラジル人かな~と思っていたけど、やっぱりブラジル人だった
でも、こんなあっさり系のブラジル人が居るはずがないと思いたいがため、「あぁそうか、在住なんだ」と思い込んでしまっている


Romulo Arantes
お気に入りに入れたいけど、なんか直ぐ飽きそうだからしばらく様子を見てから入れることにしました
決して画像の編集がめんどくさいからじゃありません、多分
ロムロは、ブラジル人じゃないかな~と思ってる段階で、ほぼ未確認です


Arthur Rodrigues de Sales
ダグラスちゃんみたいな可愛い人がブラジル人だってのが信じられなかったけど、アーサーを見ていたら「ブラジル人も悪くないかも・・」と思えるようになって来た
てゆうか、お気に入りモデルの7割ぐらいが『濃い国の人』だったりする


Federico Moyano
一昨年来日してたからか、モヤ~ノと


Maximiliano Patane
マキシの二人の画像には、困らない


Nicloas & Santiago
この二人がアルゼンチンて、信じられない・・・(一昨日知った)
あー、でもサンティアゴの名前って南米臭いんだよなぁ(サンティアゴ・モンテロも居るし)
なんで気付かなかったんだろー

そんなこんなでわたしは自分でも気付いてませんでしたが、『ビバ!(゚∀゚)南米』だったようです



「女、用意しろよ。女」とロムロの要求に慌てて女性モデルを手配した雑誌スタッフ
しかし、好みのタイプではなかったのか、ロムロのやる気が失せる
みたいなサイドストーリーが、なんでか思い浮びました
スウェーデンの雑誌でも似たようなことしてたけど、なんかロムロの顔がやる気なかった(このページだけ)ように感じました
好きじゃないけど、見てて面白い。ロムロは

- 慌てて追加 -


Igor Medeiros
イゴールの画像を使おうと思ってたのに、ブラジル人のモデルの画像、自分で思ってたよりいっぱいあったもんだから、セレクトしてたらうっかり忘れてた・・


日本のデザイナー・田中 了さんのインタビュー記事もあり、去年の秋にやった東コレの写真が使われてました
マルコ、ダニー・ビーチャムの写真と並んで、最初に
Valentin Savchenko
ヴァレンちゃんが載ってました!
目付きがロックたん似だけど、可愛いわぁ~ヴァレンちゃん♡

他にもコレクションでも超有名なモデルは大勢出てたのに、ヴァレンちゃんの写真を使うなんて、やっぱりわかる人にはわかるんだねぇ~
それだけで満足できるのでした(笑顔
[PR]
by haruhi-style | 2007-01-29 13:28 | Magazine