- Raptureのリンクが必要な場合はご一報ください -
click has re-reading - Rapture
Top
※モデルブログは引っ越しました
※「コメントが拒否される」「ページが開きにくい」場合は、こちらをご参照ください
A layout may collapse in browsers other than Internet Explorer.

カテゴリ
JAPAN!
Chat
fashion
Information
Ivy Update info
Magazine
Model
My Favorite Model
Roc Montandon
Visit to Japan
Weekly Model
Game
お気に入りブログ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
恐るべし、アデージョ(←って、何語?)
Yahoo動画で、あるアニメと出会いました
『ラ・セーヌの星』
相当昔のアニメのようで、視聴者レビューもハンパじゃない
そして、内容もすごい
39話もあるので、行き成り最終回から見てしまう
めんどくさがりにも、ほどがある
マリー・アントワネットの息子と娘が、ラ・セーヌの星に助け出され亡命するという話だったけど、どうもこれはフィクションではないような様相
と言うのも、急にマリー・アントワネットに目覚めて検索してみたら、病死したルイ17世(マリー・アントワネットの息子)とマリー・アントワネットのDNAが一致しなかったとか
だけどあまりにも昔のことなので、確証もないらしいです

フランスという国は地図でしか知らない国ですが、全盛期があまりにもきらびやか過ぎるため、その歴史が終わる瞬間もあまりにも悲しい
マリー・アントワネットは、政治に関わったわけでもないのに、政治犯として処刑されてしまった
彼女にもう少し政治の知識があったなら、こんな悲劇は起きることなく、そしてフランスは今も王権制度の栄える巨大国家だったのだろうなぁ・・・と、勝手に想像しました

『ラ・セーヌの星』は、大人が見ても悲しい物語でした
くうう・・・。・゚・(ノ_`)・゚・。

ラ・セーヌの「セーヌ」って、セーヌ川から取ったのかしら
それにしても、史実を基にしたフィクションなのに、よくできてるなぁ・・と感心させられました
今のアニメは見てくれだけ派手で、中身が薄い(と言うのは、アニメを見ないわたしの傲慢です


アディオス・アデージョで知られるNIKITA
去年の春にアレクシスさんが出ていたことを知り、チェックだけはしていましたが、買ったことはありませんでした
そのニキータを、今回初めて買いました

あまりにも悲しい出来事があったので・・・


スーパー・モデル ラリー・スコット
Larry Scott
悲しいほどピンボケ
つーか、小物扱い・・・

これを見て、「頼む、デヴィッド・スミス。日本には来ないでくれ」と、心から祈りました
デヴィッド・スミスがこんな扱いされたら、隠れ信者としては泣くに泣けない
そしてロックたん
「来ることがあるかどうかわからないけど、来日したとしてもニキータにだけは出ないでくれ」
毎日祈ることにしました

Larry Scott
もうこれ、ラリー・スコットじゃなくても良いんじゃないのか(汗
日本の雑誌出版社は見てくれだけ重視で、そのモデルの持つ『価値』と言う物を、全く理解してない
悲しいわ・・・
だからファッションに関しては発展途上なのよ
だから有名な日本のデザイナーはみんな、拠点地をフランスとかイタリアとかに移してるのよ
もうお前らみんなバカ
ニキータ編集部に、そう言いたい気分


Igor Medeiros
イゴールは、やってることがSafariと変わらないので、ほとんど違和感がない
ブラジル出身のイゴールなので、女の人に抱きつくとかキスするとか、そう言うことに全然抵抗がないのだわ
(ブラジル流挨拶は、強烈なハグか頬チューらしい)
なので、ナチュラルすぎてネタにもなんないわ(汗
コンセプトが「オカンとマザコンの息子」にしか見えないのも、悲しいわね

とりあえず、王子(ジェレミー・デュフォアー)が出てなくて良かったわ
ファンじゃないけど、王子にはそれなりにイメージってものがあるのよ
「王子はピン(一人)が良く似合う」
人と混ざると、色が薄くなるのよ
王子、個性薄いから


Shaun Haugh
鏡に映るショーン
怖いわ
貞子のようよ



ロックたん
お願い
Tarzan(ファンには必ずトラウマを植え付ける雑誌)には出ても、ニキータには出ないでぇぇぇぇぇ!!

鏡のショーンを見て、「アゴ(エラ部分)がやばいな。気を緩めたら、肉が付きやすい骨格だ」ってことがわかった
だからどうした、あたし!(逆切れ


ラリー・スコットもイゴールも、完全に小道具扱いされてしまっているニキータ
まともに写ってるのは「あら、まだ居たの?」な感じの否めないロス・ドゥラー(現在は日本を離れている様子)と、ショーンだけ
そのショーンも、綺麗に撮れてるのに文字が邪魔で

Shaun Haugh

色々台無し

きっとモデルの誰もが、撮影中は自分がこんな扱いを受けてるなんて気付いてないんだろうなぁ
世界中探しても、ニキータぐらいだよなぁ
男性モデルをこんな風に扱うのって

だから男性モデルの地位が全然向上しないんだよ
海外の男性モデルは日本に来てもニキータに出ちゃダメだよっ
あぁ、でもこれ、英語で書いたら営業妨害になっちゃうんだよなぁ・・


Martin Cannavo
マーティンはSafariに引き続いてこっちでも、発色が悪かった
呪われてるのか?

NIKITA carries out severe treatment to a men's model.
あっ、書いちゃった


全然関係ない話ですが、クリス・クレーマーの最近のポラを代理店でゲットしました

可愛いオッサンです

マルイのカタログに出るようなモデルですが(汗


ところでヴァレンちゃんは、いつまで日本に居るのだろう
もう10月ですよ
(いまだ代理店に画像が貼られている)
[PR]
by haruhi-style | 2006-10-04 17:14 | Magazine